慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10030060-20151231-0023  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10030060-20151231-0023.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.8 MB
Last updated :Apr 22, 2016
Downloads : 3406

Total downloads since Apr 22, 2016 : 3406
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル プロパガンダとは何か : 『恐怖省』と第二次世界大戦下のイギリス映画  
カナ プロパガンダ トワ ナニカ : 『キョウフショウ』 ト ダイニジ セカイ タイセンカ ノ イギリス エイガ  
ローマ字 Puropaganda towa nanika : "Kyofusho" to dainiji sekai taisenka no Igirisu eiga  
別タイトル
名前 What is propaganda? : The Ministry of Fear and British cinema in the Second World War  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 元状  
カナ サトウ, モトノリ  
ローマ字 Sato, Motonori  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku Hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 英語英米文学  
翻訳 The Hiyoshi review of English studies  
 
67  
2015  
12  
開始ページ 23  
終了ページ 46  
ISSN
09117180  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The Ministry of Fear, Graham Greene's wartime spy thriller, has been recently discussed in terms of the collective experience of the Blitz. The purpose of my essay is to further explore the relationship between the text and the context in two specific cultural areas : Fritz Lang's war films and British wartime propaganda films. Lang's Ministry of Fear is a film adaptation of Greene's novel, and adaptation studies have so far turned around the faithfulness of this transformation. Here I would like to put Lang's another war film Man Hunt before the two versions of The Ministry of Fear and explore the two-way relationship between the writer and the film director. Another context in which to put Greene's novel is British propaganda films of the Second World War. Greene has been ambivalent about propaganda. On the one hand, as a film critic he has shown his interest in the film products of the Ministry of Information as well as produced a nationalistic narration for the documentary film The New Britain. On the other hand, as a writer he has preferred to write stories with an ambivalent message. I will explore the textual ambiguity of Greene's stories such as 'The Lieutenant Died' and The Ministry of Fear and conclude that what distinguishes Greene both from British propaganda and Lang's war films is an ambivalence inherent in the representation of the enemy which resists the forceful simplification of propaganda
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 18, 2017 09:45:21  
作成日
Apr 22, 2016 09:15:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 18, 2017    目次 を変更
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 英語英米文学 / 67 (2015)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース