慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10030060-20050331-0157  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10030060-20050331-0157.pdf
Type :application/pdf Download
Size :444.4 KB
Last updated :May 17, 2007
Downloads : 3258

Total downloads since May 17, 2007 : 3258
 
タイトル
タイトル ロマンス劇におけるエリザベス一世崇拝 : 親世代の人物を中心に  
カナ ロマンスゲキ ニオケル エリザベス イッセイ スウハイ : オヤセダイ ノ ジンブツ オ チュウシンニ  
ローマ字 Romansugeki niokeru Erizabesu issei suhai : oyasedai no jimbutsu o chushin ni  
別タイトル
名前 The cult of Elizabeth recaptured in Shakespeare’s romances  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小町谷, 尚子  
カナ コマチヤ, ナオコ  
ローマ字 Komachiya, Naoko  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2005  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 英語英米文学  
翻訳  
 
46  
2005  
3  
開始ページ 157  
終了ページ 175  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
104608  
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In readings of Pericles, Cimbeline, The Winter’s Tale, and TheTempest, critics focus on the romance motifs of quest and vision, andtheir emphasis on wonder, terror, and desire sets up patterns of genreexpectations. Reassuring male authority in the court which wasthreatened in the Elizabethan era, these romance plays are consideredthe sites of decreasing anxieties about female power. However,reading these plays from a cultural and religious viewpoint exposesthe comparable model of managing dominant female characters.Employing the pastoral mode by which the alienated figures live in theslow-paced world, Shakespeare presents not only chaste and obedientladies but also governing and nurturing male noble figures; aspects ofthose characters are highlighted when they are joined together in orderto establish harmony and the reformed rule at the end of each play. Infact, each of the romance plays assimilates the ideal of female rule inthe praise of grace and in the formation of transvestite mother figureswhile Shakespeare frames his characters like Thaisa, Hermione,Belarius, and Prospero. This study treats the influence of the cult of theVirgin Mary over the female characters, examines the relationship ofmother-like male characters to the political authority, and identifies theThe Cult of Elizabeth Recaptured in Shakespeare’s Romancesfactors that contribute to the symbolic representations of Elizabeth I inthe reign of James I. It concludes with these plays offering an exampleof mediating the ideological contradiction generated in the age ofElizabeth by the presence of woman on the throne of a patriarchal stateand thereby creating an alternative form of glorification of the latequeen.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 09, 2021 19:56:50  
作成日
May 17, 2007 10:18:25  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 英語英米文学 / 46 (2005)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 徹底的行動主義に... (735) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (368)
3位 731部隊による細... (351)
4位 新自由主義に抗す... (282)
5位 ASMRに基づく身体... (198)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Parametrization ... (591) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (525)
3位 家族主義と個人主... (491)
4位 徹底的行動主義に... (330)
5位 サイバーセキュリ... (286)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース