慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AN00338172-00000029-0097  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
AN00338172-00000029-0097.pdf
Type :application/pdf Download
Size :957.7 KB
Last updated :Apr 27, 2007
Downloads : 1105

Total downloads since Apr 27, 2007 : 1105
 
Title
Title 日本の研究者、韓国の研究者  
Kana ニホン ノ ケンキュウシャ、カンコク ノ ケンキュウシャ  
Romanization Nihon no kenkyusha, Kankoku no kenkyusha  
Other Title
Title  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 蔡, 芢錫  
Kana チェ, インソク  
Romanization Che, Insoku  
Affiliation 慶應義塾大学産業研究所  
Affiliation (Translated)  
Role  
Link  
Edition
 
Place
 
Publisher
Name 慶應義塾大学産業研究所  
Kana ケイオウ ギジュク サンギョウ ケンキュウジョ  
Romanization Keio gijuku daigaku sangyo kenkyujo  
Date
Issued (from:yyyy) 1999  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
 
Source Title
Name 組織行動研究  
Name (Translated) Keio studies on organizational behavior and human performance  
Volume  
Issue 29  
Year 1999  
Month 3  
Start page 97  
End page 107  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
日本の研究者と欧米の研究者とを比較した研究はいくつかある(日本生産性本部,1990,1991)。しかし, アジア諸国との比較研究は殆ど見当たらない。企業の研究開発が日本より遅れているアジア諸国, 例えば韓国の企業研究所で働く研究者に比べ日本の研究者はどのような違いが見られるのか。欧米の研究者との比較を通じて明らかになった日本の研究者の特徴はアジア諸国との比較でも当てはまるだろうか。本論文は, これまで日本をキャッチ・アップしようとしてきた韓国との比較研究を目的とする1)。具体的に,両国研究者の企業内での態度や行動, グループ・ダイナミックス,研究開発組織のマネジメントに関する認知における違いを明らかにする。
 
Table of contents

 
Keyword
 
NDC
 
Note
慶應義塾大学産業研究所行動科学研究モノグラフ ; No. 45. 研究開発マネジメント : 日本と外国の比較
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Journal Article  
Text version
 
Full text URI
 
Access conditions

 
Last modified date
Oct 19, 2021 21:00:49  
Creation date
Apr 27, 2007 11:20:55  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / Keio Economic Observatory(KEO) / Keio studies on organizational behavior and human performance / 29 (199903)
 
Related to