慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20221200-0093  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20221200-0093.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.2 MB
Last updated :May 11, 2023
Downloads : 823

Total downloads since May 11, 2023 : 823
 
本文公開日
2023-12-25  
タイトル
タイトル M&Aにおける株式譲渡契約条項と会計・税務処理への影響  
カナ M&A ニ オケル カブシキ ジョウト ケイヤク ジョウコウ ト カイケイ・ゼイム ショリ エノ エイキョウ  
ローマ字 M&A ni okeru kabushiki jōto keiyaku jōkō to kaikei zeimu shori eno eikyō  
別タイトル
名前 The stock purchase agreement clauses in M&A and their impacts on accounting and tax treatment  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 深井, 忠  
カナ フカイ, タダシ  
ローマ字 Fukai, Tadashi  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
65  
5  
2022  
12  
開始ページ 93  
終了ページ 110  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿では株式譲渡契約に付されるアーンアウト条項及び表明・保証条項が実際の裁決例や裁判例においてどのように判断されたかを通して,会計・税務処理にもたらす影響を検討した。ここで,アーンアウト条項とは,対象企業が一定の財務上・非財務上の目標を達成した場合に,売手が将来追加的な対価を得,達成しない場合にはすでに移転した対価を返還する場合のあることを定めた契約条項である。アーンアウト条項は,停止条件と解され,契約の効力は条件成就の時に発生する。また,表明・保証条項とは,契約の一方が他方に対して,契約の目的物の内容等に関する一定の事実が一定の時点で真実かつ正確である旨を表明・保証する条項である。その違反がある場合,相手方は金銭の補償を受領できる補償条項も合わせて規定されるのが通例であり,受領した補償金が損害賠償金なのか売買代金の返還なのかは契約内容から決められる。
しかし,実際の裁決例や裁判例では,契約当事者の意図とは裏腹に,契約に付した条項が停止条件ではないと判断されたり,和解調書には金員の返還が売買代金の過大による旨の記載があるにも拘らず損害賠償金であると判断されている。これにより取引当事者は取得原価の修正ではなく譲渡損益への計上や損益の認識時期の変更を余儀なくされるなど,会計・税務処理に多大な影響を受けている。
このような判断がなされるのは,株式譲渡契約条項に関する実務が欧米に由来し,我が国では未だ多くの事例が蓄積していないこと,会計基準や税法規定がこの分野で十分に整備されていないことに要因の一端があるのではなかろうか。今後これらの条項を付したM&Aの増加が見込まれることや,法的判断次第では取引当事者の会計・税務処理に少なからずインパクトをもたらすことに鑑みると,法律・会計・税務を包含した株式譲渡契約条項に関する包括的な研究が不可欠である。
This paper examines how the earn-out clause and the representations and warranties clause contained in the stock purchase agreement were judged in National Tax Tribunal cases and court cases and examines the impacts on accounting and tax treatments. The earn-out clause is a contractual clause stipulating that the seller of the target company is to obtain additional consideration in the future if the target company achieves certain financial and non-financial goals and if it does not, the seller may return the previously transferred consideration. The earn-out clause shall be interpreted as a condition precedent and shall become effective upon fulfillment of the condition. Representations and warranties clause is a contractual clause stipulating that one party to a contract represents and warrants to the other party that certain facts concerning the contents of the contract are true and accurate at a certain point in time. In the event of a violation, the clause of indemnification under which the other party may receive monetary compensation is usually also stipulated, and whether the compensation received is compensation for damages or the return of the purchase price is determined by the contents of the contract.
However, in actual National Tax Tribunal cases and court cases, contrary to the intention of the contracting parties, it was judged that the clause contained in the contract was not a condition precedent or that the refund of money was compensation for damages despite the statement in the settlement record that it was due to excessive acquisition cost. As a result, the party to the transaction is greatly affected by accounting and tax treatment such as recording capital gains and losses, not adjustment of acquisition costs, and changing the timing of recognition of gains and losses.
The factors such judgments are made may be partly because the practices on the stock purchase agreement clauses are derived from Europe and America and many cases have not been accumulated in Japan and partly because accounting standard and tax law are not sufficiently developed in this field. Considering that the number of M&As with these clauses is expected to increase in the future and that legal decisions have significant impacts on the accounting and tax treatment of the parties, comprehensive study, including law, accounting, and tax, of stock purchase agreement clauses is essential.
 
目次

 
キーワード
条件付取得対価  

アーンアウト  

表明・保証  

補償  

停止条件  
NDC
 
注記
髙久隆太教授退任記念号
論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 11, 2023 09:28:46  
作成日
May 11, 2023 09:28:46  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 11, 2023    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 65 (2022) / 65(5) 202212
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (1004) 1st
2位 「危険の予見可能... (659)
3位 731部隊と細菌戦 ... (383)
4位 新自由主義に抗す... (370)
5位 ガールクラッシュ... (358)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (975) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (765)
3位 酢酸エステル類の... (691)
4位 慶應義塾大学日吉... (637)
5位 渋沢栄一と朝鮮 :... (575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース