慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20210600-0057  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20210600-0057.pdf
Type :application/pdf Download
Size :8.7 MB
Last updated :Feb 24, 2022
Downloads : 248

Total downloads since Feb 24, 2022 : 248
 
本文公開日
2022-06-25  
タイトル
タイトル 製品開発に関する調査2020 : 14年間の変化傾向と単純集計の結果  
カナ セイヒン カイハツ ニ カンスル チョウサ 2020 : 14ネンカン ノ ヘンカ ケイコウ ト タンジュン シュウケイ ノ ケッカ  
ローマ字 Seihin kaihatsu ni kansuru chōsa 2020 : 14nenkan no henka keikō to tanjun shūkei no kekka  
別タイトル
名前 Longitudinal survey on new product development 2007-2020  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 濱岡, 豊  
カナ ハマオカ, ユタカ  
ローマ字 Hamaoka, Yutaka  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
64  
2  
2021  
6  
開始ページ 57  
終了ページ 85  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
筆者は2007度年から日本企業を対象に研究開発,製品開発に関する二つの調査を行ってきた。本稿では,2020年11月に行った「製品開発に関する調査」(通算11回目)の結果について報告する。2007年から2020年のトレンド係数が有意となったのは,設定した250項目のうち27項目であった。変化した項目からは前回調査同様「市場の変動の低下」「ユーザーとの関係の変化」「開発プロセスでの情報収集活動の低下」「製品の複雑化」「企業内,企業間での情報共有の進展」「企業内での公募,知識や情報共有の低下」などの問題が重要化していることがわかった。
2020年度は東日本大震災・福島原発事故から10年が経過し,また新型コロナウイルスによる緊急事態宣言もあったので,これらに関する質問も設定した。この結果,以下の点が明らかとなった。東日本大震災・福島原発事故時は「自社の拠点」や「売上」への影響よりも「原材料の調達」「製品の流通」などサプライチェーンへの影響が大きかった。自然災害や大火災,疫病等の緊急事態対応のため6割の企業が「業務継続計画の策定」「社内での訓練」を行っているが,「調達先の整備」「生産拠点の整備」など外部との調整は4割程度,「官庁,自治体との情報共有,連絡」は2割程度しか行っていない。新型コロナウイルスへの対応としてのリモート化に関しては,「社内」「取引先」との製品開発の会議や打ち合わせには導入が進んだ企業が多いが,「全社的な出社頻度」については低下していない企業も多い。新型コロナウイルスの影響によって6割程度の企業で「自社の売上が減少した」一方で,3割程度の企業が「新しいニーズ」,1割程度が「新しい販路」を見いだした。緊急事態に対して,「国や自治体の指針よりも厳しい基準で出社制限などを行っている」企業は2割程度にすぎず,6割の企業が「国や自治体の指針が発出されたタイミングで出社制限などを行っている」。過去の緊急事態を踏まえて企業は一定の対応準備を進め,リモート化などによって対応してきたが大きな課題に直面している。企業も課題解決に努力しているが,その意思決定に大きな影響を与える国や自治体はさらに迅速な対応をする必要がある。
 
目次

 
キーワード
製品開発  

ユーザー・イノベーション  

継続的アンケート調査  

東日本大震災  

福島原発事故  

新型コロナウイルス  

業務継続計画  
NDC
 
注記
資料
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 24, 2022 11:03:26  
作成日
Sep 08, 2021 09:45:25  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Sep 8, 2021    インデックス を変更
Feb 24, 2022    本文,本文公開日,版 版,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 64 (2021) / 64(2) 202106
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース