慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20150600-0033  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20150600-0033.pdf
Type :application/pdf Download
Size :10.6 MB
Last updated :Feb 28, 2018
Downloads : 1131

Total downloads since Feb 28, 2018 : 1131
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 自律的な学としてのナレッジマネジメントの可能性  
カナ ジリツテキナ ガク トシテ ノ ナレッジ マネジメント ノ カノウセイ  
ローマ字 Jiritsutekina gaku toshite no narejji manejimento no kanosei  
別タイトル
名前 Possibility of autonomous knowledge management  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 榊原, 研互  
カナ サカキバラ, ケンゴ  
ローマ字 Sakakibara, Kengo  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
58  
2  
2015  
6  
開始ページ 33  
終了ページ 43  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年におけるナレッジマネジメントの議論は, 一時ほどの活発さを失っている。その背景にはナレッジマネジメントが期待に反して十分な成果を上げえていないことがある。こうした中でドイツの経営学者マイアーとヴェラーは, ナレッジマネジメントの将来を悲観し, この分野を人的資源間理論に統合することを主張した。本稿ではこの議論を足がかりとして, ナレッジマネジメントの問題状況を再確認し, 自律的な学としてのナレッジマネジメントの可能性を探る。そしてナレッジマネジメントが「知の活用」に関しては経験科学として, 「知の創造」に関しては実践哲学として構想されうることを論証する。
 
目次

 
キーワード
ナレッジマネジメント  

人的資源間理論  

競争優位  

知識創造  

知識選択  

経験科学  

実践哲学  

ドイツ経営経済学  
NDC
 
注記
渡部直樹教授退任記念号#論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 28, 2018 13:49:04  
作成日
Aug 19, 2016 16:43:47  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 20, 2018    著者 を変更
Feb 28, 2018    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 58 (2015) / 58(2) 201506
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (437) 1st
2位 新自由主義に抗す... (371)
3位 In-vivo kinemati... (303)
4位 石垣島の「エコツ... (292)
5位 Open-domain dial... (250)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (933) 1st
2位 酢酸エステル類の... (602)
3位 興味が引き起こさ... (499)
4位 インフルエンサー... (494)
5位 刑法における因果... (422)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース