慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20140200-0103  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20140200-0103.pdf
Type :application/pdf Download
Size :3.8 MB
Last updated :Jun 11, 2015
Downloads : 1645

Total downloads since Jun 11, 2015 : 1645
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 経営学における混合研究法の方法論的検討 : ドイツ経営経済学における議論を中心に  
カナ ケイエイガク ニ オケル コンゴウ ケンキュウホウ ノ ホウホウロンテキ ケントウ : ドイツ ケイエイ ケイザイガク ニ オケル ギロン オ チュウシン ニ  
ローマ字 Keieigaku ni okeru kongo kenkyuho no hohoronteki kento : Doitsu keiei keizaigaku ni okeru giron o chushin ni  
別タイトル
名前 Methodological consideration of mixed methods : a discussion focused on German business administration  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 榊原, 研互  
カナ サカキバラ, ケンゴ  
ローマ字 Sakakibara, Kengo  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
56  
6  
2014  
2  
開始ページ 103  
終了ページ 114  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年, 経営学の方法論議において注目を集めているのが混合研究法の考え方である。これはプラグマティックな観点から, 定量的方法と定性的方法とを混合して用いる研究デザインを意味しているが, その有効性や方法論的妥当性に対してはさまざまな疑義も投げかけられている。本稿では, 混合研究法を「理解」と「説明」の結合ととらえて, 経営学の方法に新たな方向性を模索したドイツの経営経済学者, ブリュールの主張に焦点を当て, その考察を通して経営学における混合研究法の可能性と限界を明らかにする。
In recent years mixed methods approach has attracted a considerable attention in business administration. 
It attempts to combine two different research methods from the pragmatic viewpoint, i.e. qualitative and quantitative methods. 
But its methodological justification has been discussed very controversially. 
This paper is to reveal the possibilities and limitations of mixed methods in business administration by examining the theory of R. Brühl, a German scholar of management, who has regarded mixed methods as combination of "understanding" with "explanation" and tried to search for a solution to this methodological problem.
 
目次

 
キーワード
混合研究法  

方法論  

理解  

説明  

実証主義  

構成主義  

定性的方法  

定量的方法  

ドイツ経営経済学  
NDC
 
注記
今口忠政教授退任記念号#論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 11, 2015 10:30:45  
作成日
Jun 12, 2014 14:45:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Sep 3, 2014    フリーキーワード, 版, 本文 を変更
Jun 11, 2015    抄録, 本文 を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 56 (2013) / 56(6) 201402
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1649) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (762)
3位 Bidet toilet use... (540)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1055) 1st
2位 インフルエンサー... (501)
3位 石垣島の「エコツ... (439)
4位 興味が引き起こさ... (438)
5位 刑法における因果... (425)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース