慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-19950800-00685659  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-19950800-00685659.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.1 MB
Last updated :Apr 26, 2007
Downloads : 2012

Total downloads since Apr 26, 2007 : 2012
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 資本維持概念と資産評価基準の関係  
カナ シホン イジ ガイネン ト シサン ヒョウカ キジュン ノ カンケイ  
ローマ字  
別タイトル
名前 The Relationship between Capital Maintenance and Asset Valuation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 前川, 千春  
カナ  
ローマ字 Maekawa, Chiharu  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 1995  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
38  
3  
1995  
8  
開始ページ 65  
終了ページ  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
利益計算において資本維持概念は決定的な意味をもつものとして位置づけられていると言ってよいが,利益はそれのみによって決まるわけではなく,採用される資産評価基準によっても影響を受けると考えられている。この点に関して,資本維持概念は「全体利益」を決定するものであり,資産評価は「全体利益」の期間的な先取りや繰延べを行いながらその期間配分を行うものであるという見解が示されている。そこでは資本維持概念と資産評価基準とは相互に独立に期間損益の決定に参加しており,理論的にはすべての資本維持概念がすべての資産評価基準と結び
 
目次

 
キーワード
資本維持概念  

資産評価基準  

全体利益  

期間利益  

名目資本維持概念  

一般購買力資本維持概念(実質資本維持概念)  

物的資本維持概念(実体資本維持概念)  
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 17, 2024 23:40:14  
作成日
Apr 26, 2007 13:04:43  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 38 (1995) / 38(3) 199508
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (1004) 1st
2位 「危険の予見可能... (659)
3位 731部隊と細菌戦 ... (383)
4位 新自由主義に抗す... (370)
5位 ガールクラッシュ... (358)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (975) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (765)
3位 酢酸エステル類の... (691)
4位 慶應義塾大学日吉... (637)
5位 渋沢栄一と朝鮮 :... (575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース