慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20200101-0035  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20200101-0035.pdf
Type :application/pdf Download
Size :604.5 KB
Last updated :Oct 26, 2021
Downloads : 54

Total downloads since Oct 26, 2021 : 54
 
タイトル
タイトル 10年間の金融規制改革  
カナ 10ネンカン ノ キンユウ キセイ カイカク  
ローマ字 10nenkan no kin'yū kisei kaikaku  
別タイトル
名前 Ten years of financial regulatory reform  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Stephan, G. Cecchetti  
カナ ステファン, G. チェケッティ  
ローマ字  
所属 ブランダイス大学国際ビジネススクール  
所属(翻訳) Brandeis International Business School, Brandeis University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keiō gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
112  
4  
2020  
1  
開始ページ 399 (35)  
終了ページ 421 (57)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
10.14991/001.20200101-0035
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
2007–09年の金融危機によって金融システムの多くの欠点が明らかになった。これに対する応答として, 当局は広範囲にわたる規制改革を実行した。本稿はこれらの改革を概観し, さらなる規制の改善が可能な点についての私見を提供する。資本規制の水準は以前よりもはるかに高いが, まだ十分に高くはない。新しい流動性規制は有益であるが, 簡素化が必要である。破綻処理の体制の発展について重要な進歩があったが, 新しい構造が検証される必要が残されている。デリバティブ取引が中央清算に移行されたことによってレジリエンスが改善したが, 同時に信頼できる決済と回復体制を必要とする金融市場で欠かせない事業が創造されることとなった。最後にシステミック(マクロプルデンシャル)規制は指標と政策ツールとガバナンス構造を欠いており, 効果的な国際協調を必要としている。
The financial crisis of 2007-09 revealed many deficiencies in the financial system. In response, authorities have implemented a wide range of regulatory reforms. I survey the reforms and offer my views on where there could be further improvements. While capital re-quirements and levels are far higher, they are not high enough. New liquidity requirements are useful, but need simplification. While we have seen significant progress in development of a res-olution regime  for systemically important banks, the new structure remains untested. Shifting derivatives transactions to central counterparties has improved resilience, but also created indis-pensable financial market utilities that need credible resolution and recovery regimes. Finally, systemic(macroprudential)regulation lacks the metrics, policy tools, governance structure, and international cooperation needed to be effective.
 
目次

 
キーワード
規制改革  

資本規制  

流動性規制  

破綻処理  

中央清算  

マクロプルデンシャル政策  

マクロ金融的連関  

回復・破綻処理計画  

regulatory reform  

capital requirements  

liquidity requirements  

resolution regimes  

central clearing  

macroprudential policy  

macro-financial linkages  

recovery and resolution planning  
NDC
 
注記
経済学講演会
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 26, 2021 16:08:01  
作成日
Jun 09, 2020 12:51:08  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 9, 2020    インデックス を変更
Oct 14, 2020    抄録 内容,本文 ファイル,キーワード を変更
Oct 14, 2020    本文 ファイル を変更
Jan 6, 2021    本文,出版者 ローマ字 を変更
Oct 26, 2021    JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 112 (2019) / 112(4) 202001
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (661) 1st
2位 ネットワークにつ... (497)
3位 組織市民行動が成... (459)
4位 もしも世界がみん... (342)
5位 アイドル文化にお... (339)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (988) 1st
2位 Instagram解析に... (421)
3位 ドイツのSNS対策... (416)
4位 中和滴定と酸塩基... (395)
5位 刑法における因果... (386)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース