慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20110701-0027  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20110701-0027.pdf
Type :application/pdf Download
Size :659.4 KB
Last updated :Nov 2, 2021
Downloads : 2400

Total downloads since Nov 2, 2021 : 2400
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 第二次世界大戦後におけるフランスのインドシナ復帰 : 戦時期の清算と対日本人戦犯裁判  
カナ ダイニジ セカイ タイセンゴ ニ オケル フランス ノ インドシナ フッキ : センジキ ノ セイサン ト タイ ニホンジン センパン サイバン  
ローマ字 Dainiji Sekai taisengo ni okeru Furansu no Indoshina fukki : senjiki no seisan to tai Nihonjin senpan saiban  
別タイトル
名前 Le Retour de la France en Indochine après la Deuxième Guerre Mondiale: La Liquidation de l'époque de Vichy dans la Colonie et les Procès des Criminels de Guerre Japonais  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 難波, ちづる  
カナ ナンバ, チズル  
ローマ字 Nanba, Chizuru  
所属 慶應義塾大学経済学部准教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2011  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Keio journal of economics  
104  
2  
2011  
7  
開始ページ 179(27)  
終了ページ 206(54)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/001.20110701-0027
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
第二次世界大戦後, ドゴール率いる新生フランスにとって, 東京裁判とサイゴン裁判という二つの対日本人戦犯裁判は, インドシナへの復帰という文脈において大きな意味をもっていた。戦時下インドシナにおける日本との共存関係を否定し, 連合国との関係においてその存在感を示すためにも, 日本人の戦争犯罪を自ら調査し, 裁くことが重要であった。これらの裁判を通してフランスは, 戦後国際社会に復帰し, 一度途切れた「共和主義的」植民地支配を再開するために必要な基盤を整備しようとしたのである。
After the World War II, for the new France led by De Gaulle, two war crime trials against the Japanese people, the Tokyo tribunal and the Saigon trials, had significant meaning in the context of France's return to Indochina. 
It was important to investigate and judge, by their own initiative, war crimes committed by the Japanese to refute the paragenic relation with Japan during wartime and indicate its presence in relationship with allied countries. 
Using the trials, France attempted to return to postwar international society and prepare the necessary foundation for resuming the once interrupted "Republican" colonial rule.
 
目次

 
キーワード
フランス  

インドシナ  

植民地支配  

戦犯裁判  

第二次世界大戦  
NDC
 
注記
論説
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 02, 2021 10:46:27  
作成日
Dec 02, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 5, 2014    フリーキーワード, 本文 を変更
Aug 4, 2015    抄録, 版, 本文 を変更
Aug 4, 2015    本文 を変更
Nov 2, 2021    JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 104 (2011) / 104(2) 201107
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (462) 1st
2位 新自由主義に抗す... (412)
3位 実践的推論の合理... (365)
4位 ドイツのSNS対策... (338)
5位 攻撃衝動の体系的... (334)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1419) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (646)
4位 ドイツのSNS対策... (598)
5位 アセトアニリドの... (470)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース