慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00224504-20171228-0139  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00224504-20171228-0139.pdf
Type :application/pdf Download
Size :552.3 KB
Last updated :Jul 2, 2018
Downloads : 371

Total downloads since Jul 2, 2018 : 371
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 報告二 : 実学・法学・時間・距離 : 科学としての法学とその条件  
カナ ホウコク ニ : ジツガク・ホウガク・ジカン・キョリ : カガク トシテ ノ ホウガク ト ソノ ジョウケン  
ローマ字 Hokoku ni : jitsugaku hogaku jikan kyori : kagaku toshite no hogaku to sono joken  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大屋, 雄裕  
カナ オオヤ, タケヒロ  
ローマ字 Oya, Takehiro  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学法学研究会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ホウガク ケンキュウカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hogaku kenkyukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 法學研究 : 法律・政治・社会  
翻訳 Journal of law, politics, and sociology  
90  
12  
2017  
12  
開始ページ 139  
終了ページ 158  
ISSN
03890538  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録

 
目次
●実学と大阪, と法学?
●実学の意義
●科学としての法学の価値
●科学としての法学の可能性
●科学としての法律学の限界
●法整備支援という外的視点
●支援とその正当化
●決定の時間的要素
●時間から距離へ
●距離の持つ限界性
●時間距離関係の変化
●大阪の未来と距離
 
キーワード
 
NDC
 
注記
特別記事 : 平成二九年度慶應法学会シンポジウム 大阪と実学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 02, 2018 09:11:17  
作成日
Mar 20, 2018 09:46:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 20, 2018    インデックス を変更
Jun 28, 2018    本文,著者 外部リンク,抄録 内容,著者 を変更
Jul 2, 2018    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 法学部 / 法學研究 / 90 (2017) / 90(12) 201712
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース