慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000147-0041  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000147-0041.pdf
Type :application/pdf Download
Size :414.3 KB
Last updated :Apr 30, 2021
Downloads : 111

Total downloads since Apr 30, 2021 : 111
 
タイトル
タイトル リクールとマルセル : 反省における迂回と帰還  
カナ リクール ト マルセル : ハンセイ ニ オケル ウカイ ト キカン  
ローマ字 Rikūru to Maruseru : hansei ni okeru ukai to kikan  
別タイトル
名前 Ricœur and Marcel : detour and return in reflection  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 奈良, 雅俊  
カナ ナラ, マサトシ  
ローマ字 Nara, Masatoshi  
所属 慶應義塾大学文学部倫理学専攻  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳 Philosophy  
 
147  
2021  
3  
開始ページ 41  
終了ページ 68  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Paul Ricœur’s work is characterized by an interplay of three philosophical movements : reflexive philosophy, phenomenology, and hermeneutics. How was Ricœur’s unique philosophy formed? Is it possible to identify a basic motif of his philosophy? To address these questions, we examined the relationship between Ricœur and Gabriel Marcel. Examining Ricœur’s views on Marcel’s “second reflection” helped us clarify why Ricœur moved to phenomenology and why he followed the tradition of reflexive philosophy. Furthermore, understanding the developmental process of Ricœur’s philosophy helped us identify the basic motif of his philosophy—his interest in existence and human capabilities. Ricœur returned to existence, using phenomenology and reflexive philosophy as a detour, and deepened his understanding of human capabilities. Considering the relationship between reflexive philosophy and Ricœur also helped us reveal a significant aspect of ethical reflection: ethical reflection had a structure of detour and return.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 30, 2021 13:29:09  
作成日
Apr 16, 2021 10:47:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 16, 2021    インデックス を変更
Apr 30, 2021    上位タイトル 年 を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 147 (202103)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース