慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000146-0083  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000146-0083.pdf
Type :application/pdf Download
Size :318.2 KB
Last updated :Aug 31, 2023
Downloads : 637

Total downloads since Aug 31, 2023 : 637
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 竹内の整礎性証明再訪  
カナ タケウチ ノ セイソセイ ショウメイ サイホウ  
ローマ字 Takeuchi no seisosei shōmei saihō  
別タイトル
名前 Takeuti's well-ordering proofs revisited  
カナ  
ローマ字  

名前 Takeuti's well-foundedness arguments revisited  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 秋吉, 亮太  
カナ アキヨシ, リョウタ  
ローマ字 Akiyoshi, Ryōta  
所属 早稲田大学高等研究所・招聘研究員  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 Arana, Andrew  
カナ アラナ, アンドリュー  
ローマ字  
所属 Université de Lorraine, département de philosophie, Professeur  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳 Philosophy  
 
146  
2021  
3  
開始ページ 83  
終了ページ 110  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Gaisi Takeuti extended Gentzen's work to higher-order case in 1950's–1960's and proved the consistency of impredicative subsystems of analysis. He has been chiefly known as a successor of Hilbert's school, but we pointed out in the previous paper that Takeuti's aimed to investigate the relationships between "minds" by carrying out his proof-theoretic project rather than proving the "reliability" of such impredicative subsystems of analysis. Moreover, as briefly explained there, his philosophical ideas can be traced back to Nishida's philosophy in Kyoto's school.
For the proving the consistency of such systems, it is crucial to prove the well-foundedness of ordinals called "ordinal diagrams" developed for it. Takeuti presented such arguments several times in order to show that they are admitted in his stand point. As a starting point of investigating his finitist stand point, we formulate the system of ordinal notations up to ε0  and reconstruct the well-foundedness arguments of them.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
特集 : 岡田光弘教授 退職記念号
原著研究論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 31, 2023 13:44:41  
作成日
Apr 16, 2021 10:05:28  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 16, 2021    インデックス を変更
Aug 31, 2023    別タイトル 名前,別タイトル カナ,別タイトル ローマ字,著者 著者ID,著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 146 (202103)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (1004) 1st
2位 「危険の予見可能... (659)
3位 731部隊と細菌戦 ... (383)
4位 新自由主義に抗す... (370)
5位 ガールクラッシュ... (358)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (975) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (765)
3位 酢酸エステル類の... (691)
4位 慶應義塾大学日吉... (637)
5位 渋沢栄一と朝鮮 :... (575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース