慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000144-0029  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000144-0029.pdf
Type :application/pdf Download
Size :385.1 KB
Last updated :Jun 9, 2020
Downloads : 665

Total downloads since Jun 9, 2020 : 665
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 記憶を支える身体反応  
カナ キオク オ ササエル シンタイ ハンノウ  
ローマ字 Kioku o sasaeru sintai hannō  
別タイトル
名前 Somatic responses underlying memory processing  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 寺澤, 悠理  
カナ テラサワ, ユリ  
ローマ字 Terasawa, Yuri  
所属 慶應義塾大学文学部心理学研究室  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳 Philosophy  
 
144  
2020  
3  
開始ページ 29  
終了ページ 49  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Using interoception as a keyword, this manuscript has summarized how changes in the somatic responses, especially internal physical state, are encoded and how the processing of interoceptive information affects the memories of episodes and events. Impact of interoceptive information processing is discussed frequently in the context of affective neuroscience. On the other hand, its influence to episodic memory has not been studied well. Changes in the internal physical state are associated with various memory processing, such as emotional memory and recognition judgement. For understanding the relationship between somatic responses and memory more precisely, we focused on the following issues in this manuscript; i)emotional arousal and bodily responses, ii)effects of bodily responses on memory encoding, iii)judgments related to memories and bodily response and iv)insular cortex and memory consolidation. Through this manuscript, the author presented the possibility that change in the somatic responses itself has a role in latently supporting the encoding and recollection process. By reviewing the newly discovered findings and data accumulated on memories in this light, it can contribute to present the new picture of memory processing.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
特集 : 伊東裕司教授 退職記念号
寄稿論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 09, 2020 09:45:21  
作成日
Jun 09, 2020 09:45:21  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 9, 2020    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 144 (202003)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (320) 1st
2位 新自由主義に抗す... (266)
3位 DAOの法的地位と... (258)
4位 個人・組織両面で... (249)
5位 「余白的コミュニ... (232)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3654) 1st
2位 なぜ神が存在する... (645)
3位 気象変化による片... (590)
4位 サイバーセキュリ... (493)
5位 インフルエンサー... (329)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース