慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000140-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000140-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :605.6 KB
Last updated :Jul 3, 2018
Downloads : 1320

Total downloads since Jul 3, 2018 : 1320
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 階層移動のイベントヒストリー分析 : 離散時間多項ロジット  
カナ カイソウ イドウ ノ イベント ヒストリー ブンセキ : リサン ジカン タコウ ロジット  
ローマ字 Kaisō idō no ibento hisutorī bunseki : risan jikan takō rojitto  
別タイトル
名前 An event history analysis on social mobility : discrete-time multinomial logit  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鹿又, 伸夫  
カナ カノマタ, ノブオ  
ローマ字 Kanomata, Nobuo  
所属 慶應義塾大学文学部人間科学専攻  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳 Philosophy  
 
140  
2018  
3  
開始ページ 1  
終了ページ 23  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Discrete-time logit model as one type of event history analysis has become applied in the studies on social stratification and mobility. However, in these studies the hazard probability and the coefficient estimated about one occupational category of occurred event are not comparable with those about another occupational category of event, because the definitions of survival which means nonoccurrence of the event are different each other. This paper proposes a discretetime multinomial logit model which estimates comparable hazardprobabilities and coefficients based on the same definition of survival.
The effect of coefficient estimated in logit models has been interpreted and explained as increased or decreased ratio of probability by odds ratio. However, another interpretation and evaluation would appear when the effect of coefficient is interpreted by the criterion of increased or decreased difference of probability. The latter half of this paper examines the difference between when interpreting coefficients by odds ratio and when by increased or decreased difference of probability, using the result of data analysis. The examination shows that the two criterions of interpretation bring different evaluations about the effects of coefficients.
 
目次

 
キーワード
social mobility  

event history analysis  

multinomial logit  
NDC
 
注記
特集 : 人間科学#寄稿論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 03, 2018 09:24:06  
作成日
Jul 03, 2018 09:24:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 3, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 140 (201803)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース