慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000131-0235  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000131-0235.pdf
Type :application/pdf Download
Size :965.3 KB
Last updated :Apr 19, 2013
Downloads : 1609

Total downloads since Apr 19, 2013 : 1609
 
タイトル
タイトル W. ジェイムズの教育論とダーウィンの「変異」観念の受容 : 彼の子ども観と自由意志論に着目して  
カナ W. ジェイムズ ノ キョウイクロン ト ダーウィン ノ 「ヘンイ」 カンネン ノ ジュヨウ : カレ ノ コドモカン ト ジユウ イシロン ニ チャクモク シテ  
ローマ字 W . Jeimuzu no kyoikuron to Dawin no "heni" kannen no juyo : kare no kodomokan to jiyu ishiron ni chakumoku shite  
別タイトル
名前 William James' educational thought and his acceptance of Darwinian idea of "variation" : focusing on his view of childrenand the free-will controversy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岸本, 智典  
カナ キシモト, トモノリ  
ローマ字 Kishimoto, Tomonori  
所属 慶應義塾大学社会学研究科教育学専攻後期博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2013  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
131  
2013  
3  
開始ページ 235  
終了ページ 265  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper examines William James' educational thought, especiallyabout his talks on "teaching," and discusses the background ideasunderlying his thinking on teaching. As often noted, his influence onAmerican schools and the outlook of educators was very profound.However, as Jim Garrison et al. indicated in William James andEducation, works focusing on the implications of his thoughts of educationhave been severely limited up till now.In this paper, I examine the contents of his influential book titledTalks to Teachers on Psychology (1899), comparing James' opinionsin them with his outlooks in his other psychological works, and investigatehis thoughts on education and teaching in the book. I focusespecially on his view of children and on the free-will controversy,and indicate his acceptance of the Darwinian thinking of evolution inhis educational writings. Eric Bredo, one of the authors of WilliamJames and Education, discussed the Darwinian center to James' vision,and claimed that James had reconciled freedom with determin-ism, and individuality with universality, by using Darwinian ideas.Favoring Bredo's opinion, this paper discusses some relationships betweenJames' talks on teaching as "an art" and his belief of "Freewill",and claims that he had accepted the "variation" concept derivedfrom Darwin as the theoretical background. Owing to hisacceptance of the "variation" concept, he could regard children aspartly free and emphasize the necessity of intuitive knowledge onthe pupil in the teaching act.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 18, 2013 09:00:00  
作成日
Apr 18, 2013 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 131 (201303)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (537) 1st
2位 組織市民行動が成... (378)
3位 もしも世界がみん... (344)
4位 ドイツのSNS対策... (317)
5位 ネットワークにつ... (272)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (685) 1st
2位 Instagram解析に... (506)
3位 アセトアニリドの... (491)
4位 日本市場における... (413)
5位 家族主義と個人主... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース