慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000129-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000129-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :795.8 KB
Last updated :Jul 3, 2012
Downloads : 3205

Total downloads since Jul 3, 2012 : 3205
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 決定論とは一体何だったのか : 決定論の実像  
カナ ケッテイロン トワ イッタイ ナンダッタ ノカ : ケッテイロン ノ ジツゾウ  
ローマ字 Ketteiron towa ittai nandatta noka : ketteiron no jitsuzo  
別タイトル
名前 What was it like to be deterministic?  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 西脇, 与作  
カナ ニシワキ, ヨサク  
ローマ字 Nishiwaki, Yosaku  
所属 慶應義塾大学文学部教授(哲学)  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2012  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
129  
2012  
3  
開始ページ 1  
終了ページ 41  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Philosophy has adhered for a long time to consider what and how to know in the world. The question "what is the world?" and the question "what is knowledge?" have been intricately intertwined: people have tried to know the world and the changes in it. What and how to know in the world essentially depend on the way how the things are determined in it. This kind of investigation has been done through the repetitive intricate interactions among activities represented by the predicates, 'determine', 'occur' and  know'. In order to determine something, we need the tools of determining it. They are geometry, logic, and language. The unknown riddles of the world are solved as the determined world by determining the world which is supposed to be determined. This is the claim of determinism. Logical and geometrical determinisms are the determining determinisms, while a block universe model, Zeno's paradox, and the usual physical determinism are the determined determinisms. Causal and mechanical determinisms usually imply logical and linguistic determinisms with several definitions. And so we are not aware of such a basic determinism when we think of problems in classical mechanics.  Determine' and  being determined' are mutually penetrated. Determining instruments and their operations inform us the determined changes and the determined knowledge is again used to determine the next thing and again further. This kind of repetition has been done gradually when we increased our knowledge. And in this way we are able to think of determinism more clearly than before.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 02, 2012 09:00:00  
作成日
Jul 02, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 129 (201203)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 個人・組織両面で... (302) 1st
2位 J.S. ミルの社会... (295)
3位 「余白的コミュニ... (286)
4位 DAOの法的地位と... (280)
5位 新自由主義に抗す... (259)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (735) 1st
2位 楽天とアマゾンの... (519)
3位 大義ある未来 : ... (451)
4位 インフルエンサー... (353)
5位 家族主義と個人主... (347)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース