慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000124-0157  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000124-0157.pdf
Type :application/pdf Download
Size :709.4 KB
Last updated :Jul 2, 2012
Downloads : 1911

Total downloads since Jul 2, 2012 : 1911
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 西村茂樹と日本弘道会黒須支会  
カナ ニシムラ シゲキ ト ニホン コウドウカイ クロス シカイ  
ローマ字 Nishimura Shigeki to Nihon kodokai Kurosu shikai  
別タイトル
名前 Shigeki Nishimura and Kurosu branch of Nihon kodokai  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 篠, 大輔  
カナ シノ, ダイスケ  
ローマ字 Shino, Daisuke  
所属 慶應義塾大学文学部非常勤講師  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
124  
2010  
3  
開始ページ 157  
終了ページ 181  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Shigeki Nishimura is known as an enlightenment thinker in the Meiji Restoration. He felt the necessity of a moral association, established Nihon kodokai. He came up with thought of Japan's moral foundation, tried to spread it through Nihon kodokai. Therefore he recommended the establishment of its branch throughout Japan. Kurosu branch is one of its branches which were established in Saitama Prefecture.
The purpose of this study is to make clear people of Kurosu branch how understand and use Nishimura's thought. In Kurosu branch, Mitsuyoshi Handa and Syouhei Hotti and Buhei Handa played a central role. Therefore I investigate their discourses and activities.
They held the meeting twice a year in Kurosu branch. They tried to work according to Nishimura's thought. They also were involved in the management of Kurosu Bank. However they didn't follow Nishimura's thought at its activity. They took out only Confucianism from Japan's moral foundation, used it to increase the cohesion of its employees. They were also engaged in the social education business. They established "Kurosu kyohukai", "Seinen dotoku kenkyukai" and "Toyooka daigaku". Even these groups, they used only Confucianism in Japan's moral foundation, to maintain their social order.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 02, 2012 09:00:00  
作成日
Jul 02, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 124 (201003)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (504) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (476)
3位 組織市民行動が成... (343)
4位 もしも世界がみん... (320)
5位 ドイツのSNS対策... (313)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (615) 1st
2位 アセトアニリドの... (584)
3位 Instagram解析に... (501)
4位 家族主義と個人主... (482)
5位 刑法における因果... (463)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース