慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000117-0037  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000117-0037.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.5 MB
Last updated :Oct 4, 2010
Downloads : 1332

Total downloads since Oct 4, 2010 : 1332
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 体験者と非体験者の間の境界線 : 原爆被害者研究を事例に  
カナ タイケンシャ ト ヒタイケンシャ ノ アイダ ノ キョウカイセン : ゲンバク ヒガイシャ ケンキュウ オ ジレイ ニ  
ローマ字 Taikensha to hitaikensha no aida no kyokaisen : genbaku higaisha kenkyu o jirei ni  
別タイトル
名前 The dividing line between hibakusha and not-hibakusha  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 八木, 良広  
カナ ヤギ, ヨシヒロ  
ローマ字 Yagi, Yoshihiro  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2007  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
117  
2007  
3  
開始ページ 37  
終了ページ 67  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The purpose of this study is to indicate the dividing line between Hibakusha (victims of the Hiroshima or Nagasaki atomic Bonbing) and not-Hibakusha, and how the researchers who are not-Hibakusha perceived it. In the arena that Hibakusha or Hiroshima  Nagasaki (the symbol of anti-nuclear weapon) is taken as an object of study or art, as the representator does a work, whether or not he or she is Hibakusha is one of the significant merkmal, and until now many people have told it as identity, and the relationship between themselves and their works, together with the theory and methodology. In this article I also analysis my own research experiences. When I had an in-depth interview with one Hibakusha (lady), her narrating let me awaked that I was not Hibakusha. This stuck me strongly, and eventually I have continued to think it and the dividing line. Here I describe it, and by referring the existent ideas for the dividing line and not-Hibakusha's perception of it, I present a new idea as hypothesis to develop this arena and advance my study.
 
目次
1. はじめに
2. 被爆者と非被爆者の間の境界線
 (1) 増岡敏和のわだかまり
 (2) 2つの認識作法 : 越えがたい「溝」と「線引き」
3. 体験者の特権性
 (1) 「わからないでしょう,あなた方には」
 (2) 特権性を成り立たせる構図
 (3) 世代間関係と世代内関係
4. 被爆者にいかに対峙したか : 石田忠,濱谷正晴
5. おわりに
 
キーワード
 
NDC
 
注記
特集記憶の社会学
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 04, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 04, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 117 (200703)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1674) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (432)
3位 石垣島の「エコツ... (403)
4位 新自由主義に抗す... (369)
5位 In-vivo kinemati... (249)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1049) 1st
2位 インフルエンサー... (504)
3位 酢酸エステル類の... (468)
4位 興味が引き起こさ... (425)
5位 刑法における因果... (423)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース