慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000099-0027  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000099-0027.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.5 MB
Last updated :Oct 1, 2010
Downloads : 845

Total downloads since Oct 1, 2010 : 845
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル マルセルの希望の哲学と医学・看護学 : 現代医療・医学における希望問題 その2  
カナ マルセル ノ キボウ ノ テツガク ト イガク・カンゴガク : ゲンダイ イリョウ・イガク ニ オケル キボウ モンダイ ソノ 2  
ローマ字 Maruseru no kibo no tetsugaku to igaku kangogaku : gendai iryo igaku ni okeru kibo mondai sono 2  
別タイトル
名前 Significance of Marcel's philosophy of hope for modern medicine and nursing  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 西村, 義人  
カナ ニシムラ, ヨシヒト  
ローマ字 Nishimura, Yoshihito  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1995  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
99  
1995  
9  
開始ページ 27  
終了ページ 56  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In this paper, the author discussed the significance of Marcel's philosophy of hope for modern medicine and nursing in the following four parts. I. Healing power of hope According to Marcel, hope can sometimes become a real factor in the cure. What kind of hope could be a factor in the cure ? The Marcel's answer to this question is "intersubjective hope". II. Hope as a patient's mental attitude toward his or her incurable disease Of various mental attitudes that patients may take toward their incurable disease, Marcel called "positive non-acceptance with patience" hope. This mental attitude is similar to some degree to "Shobyo", the living-with-disease attitude, which is emphasized by Noo-psychosomatic Medicine. III. Hope of people surrounding a patient Marcel defined surrounding people's hope for the recovery of their beloved sick person as "hope against statistic probalility". Advancing this definitoin further, I think that having this "hope against statistic probalility" is physician's virtue. IV. Marcel's philosophy of hope and nursing Mutuality, the concept of hope developed by Marcel, was introduced to two Hope Scales developed by two nursing specialists in the United States, J. F. Miller and M. H. Stoner. In a true sence, however, Malcel's concept means not only to measure patient's hope objectively but also to think about nurse's hope as their attitude. M. C. Vaillot analyzed a case in which nurse's hope resuscitated a patinet who was in a critical condition using Marcel's philosophy.
 
目次
I. はじめに
II. マルセルと現代医学
 II-(1) マルセルと「希望の治癒力」
 II-(2) マルセルと従病
 II-(3) マルセルと近親者・医師の希望
III. マルセルと看護
 III-1. 看護学者の「希望尺度」とマルセル
IV. むすび
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 01, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 01, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 99 (199509)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (890) 1st
2位 新自由主義に抗す... (716)
3位 グラウンデッド・... (515)
4位 ドイツのSNS対策... (504)
5位 なぜ日本ユニテリ... (484)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2163) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース