慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000095-0153  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000095-0153.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.0 MB
Last updated :Oct 1, 2010
Downloads : 1582

Total downloads since Oct 1, 2010 : 1582
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 空間の意味と記憶表象  
カナ クウカン ノ イミ ト キオク ヒョウショウ  
ローマ字 Kukan no imi to kioku hyosho  
別タイトル
名前 Meaning and representation of space  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松井, 孝雄  
カナ マツイ, タカオ  
ローマ字 Matsui, Takao  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1993  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
95  
1993  
7  
開始ページ 153  
終了ページ 173  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The purpose of this paper is to consider the relation between meaning and representation of space from cognitive psychological point of view. We often project various concepts on spatial locations and use various spatial expressions of concept structure in many research areas. As seen from these facts, meaning and space closely relate to each other. It is therefore supposed that what space means to us will influence the representation of that space. In order to discuss these issues, researches on mental representation of space are reviewed. One line of researches, which are from human geography and environmental psychology, use subjects' drawings of areas ('mental map') as their image of them. Other studies, which are from experimental psychology, focus on the spatial knowledge representation. Theoretical and methodological problems in these studies are discussed, and it is concluded that experiments should be so designed as in natural settings (including stimuli, tasks, and measures) in order to study the relation between the representation of space and its meaning.
 
目次
1. 空間と意味
2. メンタルマップ研究
 2.1. メンタルマップ研究の流れ
 2.2. 問題点
3. 認知地図についての実験心理学的研究
 3.1. 認知地図の歪みと情報の欠如
 3.2. 空間の分節化
 3.3. 階層構造
 3.4. 異方性
4. 空間記憶研究の問題点
 4.1. 源の違い
 4.2. 空間のレベル
 4.3. 課題・測度
 4.4. 継時的研究の必要性
5. まとめ
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 01, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 01, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 95 (199307)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 個人・組織両面で... (302) 1st
2位 J.S. ミルの社会... (295)
3位 「余白的コミュニ... (286)
4位 DAOの法的地位と... (280)
5位 新自由主義に抗す... (259)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (735) 1st
2位 楽天とアマゾンの... (519)
3位 大義ある未来 : ... (451)
4位 インフルエンサー... (353)
5位 家族主義と個人主... (347)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース