慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000089-0117  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000089-0117.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.3 MB
Last updated :Oct 1, 2010
Downloads : 741

Total downloads since Oct 1, 2010 : 741
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 大学生の英語経験・英語意識と読解能力  
カナ ダイガクセイ ノ エイゴ ケイケン・エイゴ イシキ ト ドッカイ ノウリョク  
ローマ字 Daigakusei no eigo keiken eigo ishiki to dokkai noryoku  
別タイトル
名前 The relationship between English language experience, awareness and reading ability  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 安藤, 寿康  
カナ アンドウ, ジュコウ  
ローマ字 Ando, Juko  
所属 慶応義塾大学文学部  
所属(翻訳) KEIO UNIVERSITY  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1989  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
89  
1989  
12  
開始ページ 117  
終了ページ 142  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The research described in this paper was designed to map the relationship between English language experience, awareness and reading ability. 227 undergraduate students were asked to answer a questionaire about their own experience and awarenss of English. They also took a reading test and vocabulary tests. Generally speaking, university students have had a wide variety of English language experience and have considerable interest in English. Differences were evident between different majors and the different sexes. Several experience factors and awareness factors were slightly or moderately correlated with reading speed and reading accuracy. After combining these factors to arrive at an English experience score, English awareneness score and vocabulary score, a path analysis was conducted. The path diagrams differ for reading and reading accuracy: the awareness score was directly related to readinp speed, but indirectly to reading accuracy.
 
目次
方法
結果
 [各測度の概観]
  a) 英語経験に関するアンケート
  b) 英語に対する意識や現在の英語学習環境に関するアンケート
  c) 英語能力に関する検査
 [独立変数の集約化]
  a) 英語経験に関するフンケート
  b) 英語に対する意識や現在の英語学習環境に関するアンケート
  c) 英語能力に関する検査
 [パス解析]
まとめ
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 01, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 01, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 89 (198912)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (504) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (476)
3位 組織市民行動が成... (343)
4位 もしも世界がみん... (320)
5位 ドイツのSNS対策... (313)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (615) 1st
2位 アセトアニリドの... (584)
3位 Instagram解析に... (501)
4位 家族主義と個人主... (482)
5位 刑法における因果... (463)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース