慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000066-0055  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000066-0055.pdf
Type :application/pdf Download
Size :923.6 KB
Last updated :Sep 21, 2010
Downloads : 506

Total downloads since Sep 21, 2010 : 506
 
タイトル
タイトル クロード・ルジュヌの韻律音楽の異版をめぐって : エール集(1594年)の意義  
カナ クロード・ルジュヌ ノ インリツ オンガク ノ イバン オ メグッテ : エールシュウ(1594ネン) ノ イギ  
ローマ字 Kurodo Rujunu no inritsu ongaku no iban o megutte : Erushu (1594nen) no igi  
別タイトル
名前 Sur les editions remaniees de la musique mesuree de Claude Lejeune : La signification des "Airs" (1594)  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 美山, 良夫  
カナ ミヤマ, ヨシオ  
ローマ字 Miyama, Yoshio  
所属 慶応義塾大学大学院文学研究科博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1977  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
66  
1977  
9  
開始ページ 55  
終了ページ 73  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
La musique mesuree de Claude Lejeune (1600), l'un des representants de l'humanisme musical en France, a ete imprimee dans trois recueils publies successivement en 1594, en 1603 et en 1608. Ayant compare les recueils, nous reconaissons des changements du texte et de la notation musicale dans les editions posthumes. 1 Texte : les vers mesures et non rimes de l'edition de 1594 sont devenus les vers mesures et rimes, et naturellement, on a perdu l'etroite correspondance entre la quantite d'une syllabe et celle d'une note. 2 Notations musicales : l'usage de la note coloree (dit "color") et du "tacet" est uniformise sans aucun but reel. La notion moderne des signes de mesure qui semblait montrer par notre compositeur se rend nul apres sa mort. La diversite de la notation musicale ainsi que les solutions tres variees qui tiennent compte de l'execution des oeuvres est perdue dans les recueils posthumes. La nouvelle vogue des vers mesures et rimes autour de N. Rapin et ses amis protestants nous releve que ces poetes semblent remanier des oeuvres de Claude Lejeune. Par consequent, on peut considerer les " Airs" (1594) comme la source la plus significative et qui nous transmit l'idee originale du compositeur.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2010 09:00:00  
作成日
Sep 21, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 66 (197709)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (540) 1st
2位 組織市民行動が成... (375)
3位 もしも世界がみん... (334)
4位 ドイツのSNS対策... (315)
5位 ネットワークにつ... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (688) 1st
2位 アセトアニリドの... (517)
3位 Instagram解析に... (501)
4位 日本市場における... (448)
5位 家族主義と個人主... (402)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース