慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000052-0073  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000052-0073.pdf
Type :application/pdf Download
Size :3.8 MB
Last updated :Aug 19, 2010
Downloads : 1010

Total downloads since Aug 19, 2010 : 1010
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 文法,意味,論理の接点 : 山根和平氏「関数としての文構造」批判を中心に  
カナ ブンポウ, イミ, ロンリ ノ セッテン : ヤマネ ワヘイ シ 「カンスウ トシテ ノ ブン コウゾウ」 ヒハン オ チュウシン ニ  
ローマ字 Bunpo, imi, ronri no setten : Yamane Wahei shi "Kansu toshite no bun kozo" hihan o chushin ni  
別タイトル
名前 Grammar, Meaning and Logic : A Critical Review of Mr. Yamane's Paper:"Sentence Structure as a Function"  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 西山, 佑司  
カナ ニシヤマ, ユウジ  
ローマ字 Nishiyama, Yuji  
所属 慶応義塾大学  
所属(翻訳) KEIO UNIVERSITY  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1968  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
52  
1968  
3  
開始ページ 73  
終了ページ 152  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Mr. Yamane has discussed the problem of grammar, meaning and logic in his two recent papers: "The Problem of Meaning (I)," Tetsugaku (Mita), vol. 50 (1967), pp. 129-149, "Sentence Structure as a Function," Tetsugaku (Mita), vol. 51, (1967) pp. 127-140. The essential points of his argument are as follows: the grammatical structure of a sentence analyzed by the transformational grammar cannot reveal its logical structure in the sense of modern symbolic logic, for this type of analysis is affected by the old-fashioned concept of subject-predicate bifurcation of a sentence. Claiming to correct such a defect, Mr. Yamane proposes a revision of the syntactic rules employing the notion of propositional function. As a result of this revision he insists that the structural meaning of a sentence will become clearer. In this paper I criticize his argument in the following way. In Chapter I, I present some fundamental points of the method of generative grammar, which will serve to make my standpoint clear. In Chapter II, I examine his rules in detail and point out several crucial faults which affect the semantic interpretation of a sentence. I conclude that his revised rules serve nothing for making the structural meaning of a sentence clearer. In Chapter III, I discuss the philosophical motivation of Mr. Yamane's proposal. He pretends to adopt R1':S→Fx, Gxy, Hxyz,…, instead of R1:S→NP+VP in the Phrase Structure Rules of Syntax. Which of these rules should we adopt? This problem cannot be solved a priori but only empirically, since the degree of success in a grammatical description of language is determined by the appropriateness of the actual data in terms of lingusitically significant generalization. He thinks that the subject-predicate analysis of a sentence is inherent to the generative grammar, and that his proposal is a fundamental revision of the entire system. But this is a misconception. Regrettably this kind of misconception is widely seen among the analytic philosophers of today.
 
目次
序言
第I章. 生成文法理論の方法
第II章. 山根氏モデルに対する技術的側面よりの批判
第III章. 山根氏モデルの哲学的背景に対する批判
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 14, 2010 14:35:42  
作成日
Aug 19, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 14, 2010    フリーキーワード, 目次 を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 52 (196803)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (410)
3位 731部隊と細菌戦 ... (238)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (233)
5位 認知文法から考え... (190)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (446) 1st
2位 新参ファンと古参... (431)
3位 日本における美容... (326)
4位 新自由主義に抗す... (299)
5位 インフルエンサー... (257)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース