慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000042-0121  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000042-0121.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.7 MB
Last updated :Aug 11, 2010
Downloads : 822

Total downloads since Aug 11, 2010 : 822
 
タイトル
タイトル 刺激汎化研究の現在  
カナ シゲキ ハンカ ケンキュウ ノ ゲンザイ  
ローマ字 Shigeki hanka kenkyu no genzai  
別タイトル
名前 Recent studies on sensory generalization  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小川, 隆  
カナ オガワ, タカシ  
ローマ字 Ogawa, Takashi  
所属 慶応義塾大学  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1962  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
42  
1962  
9  
開始ページ 121  
終了ページ 139  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In this paper, I tried to investigate recent psychological experiments on sensory generalization in animals. 1) A number of investigators have dealt with sensory generalization in the human psychology, particularly in the respondent conditioning situation, and some concave generalization gradients were obtained, when plotted on jnd scale. But a recent experiment on operant conditioning in pigeons for spectral stimuli has pointed out that there is no meaningfull relation between the shape of generalization gradient and discriminability (size of jnd). In my experiment similar to it, however, it was found that generarization gradients transform following changes of discriminability along the spectral continuum. There seems to be the distance equivalence which is describable as neither physical nor simple jnd distance from conditioned stimulus. 2) In recent experiments about the post discrimination gradient, it was discovered that a peak shift of generalization gradient appears away from the negative stimulus in the direction of the positive. This suggests that there are some inductions from the positive stimnlus to the negative and vice versa. More comparison of discrimination training situation with single stimulus conditioning is necessary. 3) In discrimination training experiments, it was also found that reinforcement schedules with positive and negative stimulus bring out different effects on the generalization gradient. Experimental data were not well described by the summation theory and the non summation theory provided a more adequate description of them. The need for further studies on the favorable condition to the non summation hypothesis is pressing.
 
目次
汎化勾配を示す単位
習得手続の効果
加算説の吟味
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 11, 2010 09:00:00  
作成日
Aug 11, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 42 (196209)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (540) 1st
2位 組織市民行動が成... (375)
3位 もしも世界がみん... (334)
4位 ドイツのSNS対策... (315)
5位 ネットワークにつ... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (688) 1st
2位 アセトアニリドの... (517)
3位 Instagram解析に... (501)
4位 日本市場における... (448)
5位 家族主義と個人主... (402)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース