慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000038-0184  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000038-0184.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.1 MB
Last updated :Aug 24, 2010
Downloads : 720

Total downloads since Aug 24, 2010 : 720
 
タイトル
タイトル 伝書鳩のオペラント弁別 : 刺激継時呈示法における習得基準の分析  
カナ デンショバト ノ オペラント ベンベツ : シゲキ ケイジ テイジホウ ニ オケル シュウトク キジュン ノ ブンセキ  
ローマ字 Denshobato no operanto benbetsu : shigeki keiji teijiho ni okeru shutoku kijun no bunseki  
別タイトル
名前 A test of criterion of learning in operant discrimination in pigeons  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小川, 隆  
カナ オガワ, タカシ  
ローマ字 Ogawa, Takashi  
所属 慶應義塾大学  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1960  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
38  
1960  
11  
開始ページ 177  
終了ページ 184  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The study was designed to test what is the effect of criterion of learning on extinction of responding in successive operant discrimination. The method used in this experiment was similar to that of my previous study. Six pigeons were trained for pecking at a monochromatic light as the positive stimulus and an achromatic light as the negative one. the criterion of learning set up at 100 per cent correct response with no errors for one session a day. After the criterion of training was reached, testing effect of learning was carried out under the extinction trials in one session similar to that of training trials. The rate of responding in extinction was compared to the number of errors per reinforcement in the last but one session and average number of errors per reinforcement over the entire learning session. It was found that the more respondent was the extinction, the more errorless was the acquisition in the last but one session, while no correlation was between the rate of responding in extinction and average number of errors over the entire learning session. This result suggests that total correct (or incorrect) responses in the last session or over the entire learning session are only one aspect of criterion of learning and the other aspect, the slope of learning curve at the point where training ceased, needs to be considered.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
横山松三郎先生古稀記念論文集
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 24, 2010 09:00:00  
作成日
Aug 24, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 38 (196011)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (540) 1st
2位 組織市民行動が成... (375)
3位 もしも世界がみん... (334)
4位 ドイツのSNS対策... (315)
5位 ネットワークにつ... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (688) 1st
2位 アセトアニリドの... (517)
3位 Instagram解析に... (501)
4位 日本市場における... (448)
5位 家族主義と個人主... (402)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース