慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN0006957X-00000060-0043  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN0006957X-00000060-0043.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.0 MB
Last updated :Aug 11, 2010
Downloads : 3052

Total downloads since Aug 11, 2010 : 3052
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 目的-手段図式から習慣へ : パーソンズとブルデューの功利主義批判を通して  
カナ モクテキ-シュダン ズシキ カラ シュウカン エ : パーソンズ ト ブルデュー ノ コウリ シュギ ヒハン オ トオシテ  
ローマ字 Mokuteki-shudan zushiki kara shukan e : Pasonzu to Burudyu no kori shugi hihan o toshite  
別タイトル
名前 From the means-ends schema to habitual action : through the critique of parsons and Bourdieu for the utilitarianism  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 村井, 重樹  
カナ ムライ, シゲキ  
ローマ字 Murai, Shigeki  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科教育学専攻博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学大学院社会学研究科  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン シャカイガク ケンキュウカ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku daigakuin shakaigaku kenkyuka  
日付
出版年(from:yyyy) 2005  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 : 社会学心理学教育学 : 人間と社会の探究  
翻訳 Studies in sociology, psychology and education : inquiries into humans and societies  
 
60  
2005  
 
開始ページ 43  
終了ページ 54  
ISSN
0912456X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In this paper, I will consider the action theory of Parsons and Bourdieu through their critique of the Utilitarianism. Both Parsons and Bourdieu criticize  the Utilitarianism, because they think it inadequate to theorize the social action from the utilitarian perspective. At the same time,  to analyze the social action adequately. Parsons and Bourdieu construct the action theory respectively. The former's is called the voluntaristic theory of action and the latter 's habitus theory.
 Parsons criticizes the utilitarian theory, in there spect that its norm is restricted to the economic utility. But, he evaluates the actor of the Utilitarianism which acts under the means-ends schema and in herits its action schema. Therefore, he postulates the conscious action,  when he constructs his voluntaristic theory of action. Bourdieu criticizes the utilitarian theory for its concept of the action and the interest. Though the utilitarian theory postulates the conscious calculation of the actor. Bourdieu thinks that the social action is not necessarily conscious from  the perspective of habit us theory. So, Bourdieu claims that the utilitarian theory cannot understand the human action or the interest enough.
 By comparing the action theory of Parsons with that of Bourdieu through their critique of the Utilitarianism. I think that it is possible to demonstrate the importance of Bourdieu's concept of habitus in the action theory, which is different from Parsonian action model, that is the means-ends schema of the  conscious actor. For, due to the influence of Parsons in sociological theory, it seems that habitual action has been neglected for along time.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 11, 2010 09:00:00  
作成日
Aug 11, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 社会学研究科 / 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 / 60 (2005)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (374) 1st
2位 英語の前置詞onと... (298)
3位 新自由主義に抗す... (280)
4位 アイドル文化にお... (280)
5位 ヴェルヌとルーセ... (229)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (762) 1st
2位 アルコール発酵の... (735)
3位 楽天とアマゾンの... (533)
4位 パッケージ・デザ... (477)
5位 英語の前置詞onと... (476)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース