慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA12043414-20120000-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA12043414-20120000-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :519.0 KB
Last updated :May 22, 2013
Downloads : 3338

Total downloads since May 22, 2013 : 3338
 
タイトル
タイトル The Syntactic Buoyancy Principle and English reading  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 柚原, 一郎  
カナ ユハラ, イチロウ  
ローマ字 Yuhara, Ichiro  
所属 慶應義塾大学経済学部非常勤講師  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学外国語教育研究センター  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ガイコクゴ キョウイク ケンキュウ センター  
ローマ字 keio gijuku daigaku gaikokugo kyoiku kenkyu senta  
日付
出版年(from:yyyy) 2012  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾外国語教育研究  
翻訳 Journal of foreign language education  
9  
 
2012  
 
開始ページ 1  
終了ページ 11  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The Syntactic Buoyancy Principle (Sadock 2000) is a grammatical property of English whereby a "lighter" constituent floats towards "the surface," or the initial position of a sentence, or to put it the opposite way round, that a "heavier" constituent moves towards the "bottom," or the end of a sentence. Whereas some researchers look upon it as a mere statistical tendency and/or relegate it to a preferred style of English, the past ten years of research has seen linguists come to a certain agreement that it might constitute part of English grammar (e.g., Hawkins 2000; Wasow 2002). In this short article, I would like to suggest one way of teaching it as a guiding principle that regulates apparently local and idiosyncratic word order facts in English. This is only a portion of a larger work that attempts to more actively incorporate linguistic studies into language pedagogy (Yuhara 2010, 2011). The goal is no more than to list a permissible range of word order facts in written English, and I do not suggest that the Syntactic Buoyancy Principle alone is capable of accounting for all word ordering facts.
 
目次

 
キーワード
英文法  

英語読解  

語順  

構成素の複雑さ  

移動  
NDC
 
注記
研究ノート
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
May 22, 2013 09:00:00  
作成日
May 22, 2013 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 外国語教育研究センター / 慶應義塾外国語教育研究 / 9 (2012)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (1010) 1st
2位 アイドル文化にお... (463)
3位 ジャニーズのアイ... (432)
4位 新自由主義に抗す... (396)
5位 ASMRに基づく身体... (391)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 国内排出権取引市... (4185) 1st
2位 仮想通貨交換業者... (3272)
3位 第2帰納定理の応... (2620)
4位 The Syntactic Bu... (2553)
5位 カール大帝による... (2261)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース