慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA00260492-19970001-0055  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA00260492-19970001-0055.pdf
Type :application/pdf Download
Size :456.3 KB
Last updated :Dec 26, 2009
Downloads : 807

Total downloads since Dec 26, 2009 : 807
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル DEVALUATION  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 GUHA-KHASNOBIS, Basudeb  
カナ  
ローマ字  
所属 Indira Gandhi Institute of Development Research  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Keio Economic Society, Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 1997  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio economic studies  
翻訳  
34  
1  
1997  
 
開始ページ 55  
終了ページ 61  
ISSN
00229709  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The devaluation of the rupee in 1991 has been hailed as a success in India since soon thereafter, the trade balance improved and capital flight was arrested. Since non-traded goods are likely to be labor-intensive in India compared to importables, the paper demonstrates that the devaluation could have actually worsened the trade balance by reducing the domestic relative price of traded vs non-traded goods. The partial devaluation embedded in a subsequent policy called LERMS (Liberalized Exchange Rate Management System) seems more likely to be the instrument that was successful in improving the trade balance.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 18, 2009 09:00:00  
作成日
Dec 18, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / Keio economic studies / 34(1) 1997
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (757) 1st
2位 出生率及び教育投... (678)
3位 『うつほ物語』俊... (459)
4位 新自由主義に抗す... (405)
5位 731部隊と細菌戦 ... (335)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2453) 1st
2位 家族主義と個人主... (1831)
3位 731部隊と細菌戦 ... (716)
4位 猫オルガンとはな... (490)
5位 新参ファンと古参... (430)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース