慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA00260481-20130000-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA00260481-20130000-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.5 MB
Last updated :Sep 13, 2019
Downloads : 600

Total downloads since Sep 13, 2019 : 600
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Fiscal consolidation in Japan  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 深尾, 光洋  
カナ フカオ, ミツヒロ  
ローマ字 Fukao, Mitsuhiro  
所属 Professor, Faculty of Business and Commerce, Keio University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Society of Business and Commerce, Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2013  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio business review  
翻訳  
 
48(2013)  
 
 
開始ページ 1(1)  
終了ページ 24(24)  
ISSN
04534557  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In order to maintain the stability of its financial system, Japan must control its budget deficit by continuing with a contractionary fiscal policy. Ideally, the negative effects of a tight fiscal policy should be countered by an expansionary monetary policy. However, the effectiveness of the conventional interest-rate policy has been diluted by the zero lower bound of interest rates. Prime Minister Shinzo Abe asked the Bank of Japan to set a 2 percent inflation target to be achieved in two years through a massive quantitative easing of the monetary base. In this paper, we first review Japan's macroeconomic performance since the collapse of the asset-price bubble in the late 1980s. Next, we make a long-term projection of Japan's fiscal balance by estimating the macro production function for Japan. We also estimate the required increase in the government's tax revenues under a few scenarios. After presenting a possible fiscal crisis scenario in Japan, we evaluate the effectiveness of quantitative easing and highlight its limitations. Thereafter, we propose some measures to consolidate budget deficits under a deflationary environment in order to avoid such a crisis. Some policy options include a combination of a gradual increase in indirect taxes and a reduction in payroll tax. In order to overcome the zero lower bound of nominal interest rates, the introduction of the Gesell tax is also proposed. By levying a tax on the outstanding amount of government-guaranteed financial assets including cash, it is possible to set a negative nominal return on safe assets.
 
目次

 
キーワード
Fiscal Policy  

Budget Deficit  

Deflation  

Potential Growth JEL classification: G21  

G28  

G32  

G33  

G38  
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 13, 2019 10:14:09  
作成日
Aug 21, 2014 12:38:40  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Sep 12, 2019    上位タイトル,上位タイトル 号,上位タイトル 年 を変更
Sep 13, 2019    上位タイトル 巻,上位タイトル を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / Keio business review / 47/48 (2012/2013)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (734) 1st
2位 出生率及び教育投... (554)
3位 『うつほ物語』俊... (437)
4位 新自由主義に抗す... (412)
5位 731部隊と細菌戦 ... (319)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2452) 1st
2位 家族主義と個人主... (1809)
3位 731部隊と細菌戦 ... (736)
4位 新参ファンと古参... (438)
5位 猫オルガンとはな... (383)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース