慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210135  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210135.pdf
Type :application/pdf Download
Size :115.3 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 45

Total downloads since Feb 16, 2024 : 45
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル PIP2結合タンパク質による脂質膜中のPIP2認識の構造基盤  
カナ PIP2 ケツゴウ タンパクシツ ニ ヨル シシツマクチュウ ノ PIP2 ニンシキ ノ コウゾウ キバン  
ローマ字 PIP2 ketsugō tanpakushitsu ni yoru shishitsumakuchū no PIP2 ninshiki no kōzō kiban  
別タイトル
名前 Structural basis for PIP2 recognition, embedded in membranes, by PIP2-binding proteins  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 横川, 真梨子  
カナ ヨコガワ, マリコ  
ローマ字 Yokogawa, Mariko  
所属 慶應義塾大学薬学部専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
イノシトール(4, 5)2リン酸(PIP2)は生体膜に存在し、様々なタンパク質と結合することでシグナル伝達や細胞の形態形成などの生理機能を担う。したがって、PIP2結合タンパク質がどのようにして細胞膜中のPIP2を認識するのかを解明することは、生命現象の理解につながる。そこで本研究では、PIP2結合タンパク質と脂質二重膜中のPIP2との相互作用を定量的に調べるため、PIP2含有リポソームとPIP2結合タンパク質の共沈降実験系を確立した。実施例としてPIP2結合タンパク質であるビンキュリンのtailドメイン(Vt)とPLCδ1のPHドメイン(PLCδ1 PH)を調製し、本研究で確立した共沈降法でPIP2含有リポソームとの結合割合を定量的に調べた。
まず、リポソームを構成する脂質中のPIP2の割合を1%で一定にして、タンパク質溶液に添加するリポソーム量を変えてタンパク質の結合率を調べた結果、Vt、PLCδ1 PHともにリポソーム添加量に依存して結合率が増大した。次に、リポソーム添加量を一定にしてリポソーム中のPIP2の割合を2, 4, 6, 8, 10%と変えて結合率を調べたところ、VtとPLCδ1 PH とでPIP2の割合に応じた結合率増大の様子が異なっていた。Vtでは4%以上のPIP2で結合率が大きく増加し、10% PIP2では用いた全てのタンパク質がリポソームと結合した。一方、PLCδ1 PHではPIP2の割合の増大に伴い結合率が増大し、6%以上のPIP2において結合率が50-60%で飽和した。この結果は、PLCδ1 PHの結合率は単純な1:1結合モデルで説明できるのに対し、VtではPIP2割合依存的な急激な結合率上昇からリポソームへの結合に正の協同性があることを示しており、PIP2結合タンパク質の間で結合様式が異なっていることが分かった。特に、Vtにおいて観測された協同的結合は、生体膜中のPIP2の局在や濃度変動に対するビンキュリンの機能に影響を与えている可能性がある。今後、Vtの協同的PIP2認識様式に焦点を当て、その構造基盤を明らかにする。
Phosphatidylinositol 4,5-bisphophate (PIP2) is a component of biological membranes and is responsible for physiological functions such as signal transduction and cell morphogenesis by binding to various PIP2-binding proteins. Therefore, elucidating how each PIP2-binding protein recognizes PIP2 within membranes leads to better understanding of PIP2-related physiological events. In this study, we established experimental system for cosedimentation of PIP2-binding proteins and PIP2-containing liposomes in order to quantitatively examine the interaction between PIP2-binding proteins and PIP2 in membrane. As an example, we prepared a tail domain of vinculin (Vt) and a PH domain of PLCδ1 (PLCδ1 PH), and quantitatively examined their binding ratios to the PIP2-containing liposomes by the cosedimentation method established in this study.
First, we examined the protein binding ratios by changing the amount of liposomes added to the protein solution with keeping the percentage of PIP2 in liposomes constant at 1%, and found that the binding ratios of Vt and PLCδ1 PH increased as the amount of liposomes increased. Next, we examined the protein binding ratios by changing the percentage of PIP2 in liposomes to 2, 4, 6, 8, or 10% with the amount of liposomes kept constant. We found that the binding ratios increased in a manner dependent on the percentage of PIP2, however, the PIP2-dependences were different between Vt and PLCδ1 PH. The binding ratio of Vt increased significantly at PIP2 above 4%, and all Vt proteins used bound to the liposomes at 10% PIP2. On the other hand, the binding ratio of PLCδ1 PH linearly increased as the PIP2 percentage increased, and saturated at 50-60% above 6% PIP2. These results indicate that the PIP2-binding mode differs between Vt and PLCδ1 PH: the binding rate of PLCδ1 PH can be explained as a simple 1:1 binding model, whereas Vt indicates a positive cooperativity. In particular, the cooperative binding to PIP2 observed in Vt may influence its physiological function, in response to the change of the location and/or concentration of PIP2 within membranes. Future work will focus on the cooperative PIP2-binding mode in Vt to elucidate its structural basis.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:26  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:26  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1676) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (453)
3位 新自由主義に抗す... (389)
4位 In-vivo kinemati... (324)
5位 石垣島の「エコツ... (268)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (964) 1st
2位 文化資本概念の現... (636)
3位 酢酸エステル類の... (618)
4位 興味が引き起こさ... (501)
5位 インフルエンサー... (500)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース