慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200278  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200278.pdf
Type :application/pdf Download
Size :126.8 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 36

Total downloads since Feb 16, 2024 : 36
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 大腸の上皮置換による新規治療戦略の開発  
カナ ダイチョウ ノ ジョウヒ チカン ニ ヨル シンキ チリョウ センリャク ノ カイハツ  
ローマ字 Daichō no jōhi chikan ni yoru shinki chiryō senryaku no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of a novel therapeutic strategy by colon epithelial conversion  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 杉本, 真也  
カナ スギモト, シンヤ  
ローマ字 Sugimoto, Shinya  
所属 慶應義塾大学坂口光洋記念講座 (オルガノイド医学) 助教 (有期)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
小腸は栄養吸収を担う主要な臓器であり,その広範な切除では十分な消化吸収が行われず,短腸症候群と呼ばれる栄養不良状態に至る.重症の短腸症候群患者では,小腸移植が唯一の根治的な治療法となりうるが,他臓器に比べて著しく高い拒絶率のため普及しておらず,短腸症候群に対する新規治療法の開発が求められている.小腸の構造の複雑さゆえに,腸管上皮オルガノイドを用いた再生医療の小腸疾患への応用はこれまで現実的なものではなかった.
本研究では,大腸上皮を小腸上皮オルガノイドに置換するという臨床への応用を見据えた治療戦略の確立を目指すことを目的とした.手術に適した動物モデルとして,臓器再生医学寄附講座 小林英司特任教授と共同開発したラット短腸症候群モデルを用いることとした.まず,わずかな残存回腸の長さの差異により腸管不全をきたすというヒト短腸症候群に矛盾しない結果により,治療戦略の妥当性を確認した.ドナーオルガノイドの標識のため,ルシフェラーゼ遺伝子を発現するトランスジェニックラット由来の小腸上皮オルガノイドを使用した.EDTAによる粘膜剥離と手術の組み合わせにより,ラット大腸上皮の除去が可能となり,様々な最適化によって,ラット大腸の大腸上皮を小腸上皮オルガノイドで置換することに成功した.盲検化した回腸オルガノイド移植群の短腸症候群ラットでは、大腸オルガノイド移植群に比して緩やかな体重減少にとどまり,有意に生存期間が延長した.さらに,回腸オルガノイドを移植した組織において、LYVE-1陽性の吸収能をもった乳び管様構造が形成されることを確認した.
The small intestine is the primary site for nutrient absorption. Extensive small intestinal resection leads to inadequate digestion and malabsorption, a condition known as short bowel syndrome (SBS). Intestinal transplantation is currently the only potentially-curative treatment option for severe SBS patients, but severe allogenic reaction reduces the graft survival rate and has prevented the widespread use this treatment. Therefore, development of a novel therapeutic strategy for SBS is warranted. The structural complexity of the small intestine has precluded the application of organoid-based regenerative medicine to small intestinal diseases.
To establish a clinically relevant therapeutic strategy for SBS by means of colon epithelial conversion using small intestinal organoids, we elected to use a rat SBS model for their tractability. First, we successfully confirmed that preserving a short length of the ileum prevents intestinal failure in the rat SBS model, which is consistent with the clinical presentation of human SBS. To label donor organoids, we used small intestinal organoids derived from Lewis luciferase transgenic rats. EDTA-based breaching in combination with surgery enabled the removal of the rat colonic epithelium, and careful optimizations allowed us to overlay epithelium-depleted rat colon with small intestinal organoids. Ileum organoid-transplanted SBS rats exhibited milder body weight loss and significantly higher survival rate compared to colon organoid-transplanted rats. Furthermore, we confirmed a formation of LYVE-1+ lacteal-like structure equipped with the absorption-related machinery in ileum organoid-transplanted tissues.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:06:59  
作成日
Feb 16, 2024 14:06:59  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース