慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000008-20190382  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000008-20190382.pdf
Type :application/pdf Download
Size :115.8 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 58

Total downloads since Dec 16, 2022 : 58
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 精神疾患の中枢・末梢における興奮/抑制不均衡の解明  
カナ セイシン シッカン ノ チュウスウ・マッショウ ニ オケル コウフン/ヨクセイ フキンコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Seishin shikkan no chūsū masshō ni okeru kōfun/yokusei fukinkō no kaimei  
別タイトル
名前 Excitation/inhibition imbalanace in transdiagnostic psychiatric disorders.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中島, 振一郎  
カナ ナカジマ, シンイチロウ  
ローマ字 Nakajima, Shinichiro  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室助教 (有期・医学部)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
現在、統合失調症70名、健常人30名、うつ病70名を組み入れた。Human connectome project parameterを用いたマルチモーダルMRI(T1, diffusion tensor imaging, magnetic resonance spectroscopy, resting-state MRI)、TMS-EEGによる各種神経生理機能(Glu系、GABA系、コリン系、神経可塑性)、詳細な臨床検査・神経心理検査、メタボロミクス解析のための採血を行っている。著明な有害事象は認めていない。統合失調症の治療反応と前帯状回グルタミン酸の関係や脳内白質微細構造の関係を明らかにした(Tarumi, Nakajima et al. Neuropsychopharmacology. In press; Ochi, Nakajima et al. Prog Neuropsychopharmacol Biol PsychiatryIn press)。また、年齢と性別をマッチングしたうつ病と健常人の15組を用いた中間解析によると、うつ病患者におけるTMS-EEGで測定した脳内興奮・抑制バランスの異常、末梢血内のキヌレニン系などのメタボロミクスの異常を発見した。以降、被験者の組み入れを進めていく予定である。
Currently, we have included 70 patients with schizophrenia, 30 healthy individuals, and 70 patients with depression. Using multimodal MRI, we clarified the relationship between therapeutic response to antipsychotics and glutamate levels in the brain (Tarumi, Nakajima et al. In press) and microstructure of white matter in the brain (Ochi, Nakajima et al. In press). In addition, based on an interim analysis using 15 pairs of patients with depression and healthy individuals, we found abnormalities in brain excitation / suppression balance measured with TMS-EEG in patients with depression and abnormalities in metabolomics such as kynurenine pathway in peripheral blood.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:57  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:57  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (659) 1st
2位 新自由主義に抗す... (400)
3位 731部隊と細菌戦 ... (270)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (218)
5位 認知文法から考え... (173)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (697) 1st
2位 新参ファンと古参... (442)
3位 日本における美容... (308)
4位 731部隊による細... (293)
5位 インフルエンサー... (280)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース