慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190256  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190256.pdf
Type :application/pdf Download
Size :124.1 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 164

Total downloads since Dec 16, 2022 : 164
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 競走馬の運動学的・運動力学的特徴量の抽出と可視化  
カナ キョウソウバ ノ ウンドウガクテキ・ウンドウ リキガクテキ トクチョウリョウ ノ チュウシュツ ト カシカ  
ローマ字 Kyōsōba no undōgakuteki undō rikigakuteki tokuchōryō no chūshutsu to kashika  
別タイトル
名前 Extraction and visualization of the kinematical and kinetical characteristics on the thoroughbred gait  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 仰木, 裕嗣  
カナ オオギ, ユウジ  
ローマ字 Ohgi, Yuji  
所属 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究ではスポーツ科学の手法を用いて,サラブレッドの走動作において優れたウマの走動作,ならびに騎手の望ましい騎乗動作を力学的な視点から解明することを目的としている.研究2年目の2019年度はJRA競走馬総合研究所内のトレッドミルにおいて,サラブレッド6頭を被験馬として,常歩(ウォーク@1.7m/s)、速歩(トロット@3.5m/s)、駈歩(キャンター@8.0m/s, 10.0m/s, 12.0m/s)における歩容をモーションキャプチャ装置および高速度カメラよって撮影し,各被験馬の歩容特徴を観測した.全身に貼付した反射マーカーによって得られた関節標識点から身体セグメントを抽出し,その後先行研究によるウマ身体重心推定式を用いることでウマの身体重心変動を抽出した.これをリサージュで描くことで歩容変動,速度変動に伴う個体ごとの馬体の動きが明らかになった.ウマの身体重心はヒトのそれと同様に速度の上昇に伴って平均重心高が低くなり,且つ1周期中の重心高変動幅,すなわち上下動振幅が小さくなる傾向が観察された.このとき前後方向の移動軌跡は速度上昇にともなって移動範囲が前方へと大きくなっていくことも同時に観察された.ウマの運動を表す最も単純な力学モデルは質点モデルが適当であると考えられるが,ウマの体重に相当する質量が一定の周期で平均高さを中心として振動すると捉えると,この運動は極めて正確な正弦波によって近似できることを確認した.正弦波様の重心変動からはウマのもつバネ特性が明らかになる,すなわち質量と周期がわかることでウマの質量を支えるバネ定数を算出することができる.本研究における駈歩でのバネ定数は70,000〜100,000N/m程度の範囲を速度が上がるにつれて変化していくことがわかった.したがってウマが速度をあげて行くにつれてバネ定数は大きくなり,すなわち硬くなっていく,ということがわかる.このことは高速疾走していくうえでの必要条件であると考えられる.今後はこの特性を持つウマに騎手が騎乗した場合の特性を明らかにしていく.
The purpose of this study is to elucidate the superior running performance of horses and the desirable riding behavior of jockeys from the mechanical viewpoint using the technique of sports science. In 2019, the second year of research, in the treadmill of the JRA Racehorse Research Institute, six thoroughbreds as test horses, walk(walk @ 1.7 m / s), trot (trotting @ 3.5 m / s) and canter gaits patterns at (canter @ 8.0m / s, 10.0m / s, 12.0m / s) were photographed with a motion capture system and a high-speed video camera, and the gait characteristics of each test horse were observed. Body segments were extracted from the joint markers obtained by the reflective markers attached to the whole body, and then changes in the horse's body center of gravity were extracted using the equine body center of gravity estimation formula from previous studies. By drawing this with Lissajous, the movement of the horse body for each individual due to gait fluctuation and speed fluctuation was clarified. Similar to humans, the body center of gravity of horses showed a tendency that the average center of gravity decreased with increasing speed, and the fluctuation width of the center of gravity during one cycle, that is, the amplitude of vertical movement, decreased. At this time, it was also observed that the trajectory in the anterior-posterior direction increased to the forward direction as the speed increased. The mass model is considered to be the simplest dynamic model that represents the movement of a horse. However, if the mass corresponding to the weight of the horse oscillates around the average height in a fixed cycle, this movement is extremely accurate. It was confirmed that it could be approximated by a simple sine wave. From the sinusoidal variation of the center of gravity, the spring characteristics of the horse are clarified. That is, the mass and the period are known, and the spring constant that supports the horse's mass can be calculated. In this study, it was found that the spring constant in the canter varied in the range of 70,000-100,000N / m as the speed increased. Therefore, it can be seen that the spring constant increases as the horse speeds up, that is, it becomes stiffer. This is a necessary condition for high-speed sprinting. In the future, we will clarify the characteristics of horses riding horses with these characteristics.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:38  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース