慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190203  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190203.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.1 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 79

Total downloads since Dec 16, 2022 : 79
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 道観関連資料の調査と研究 : 紀行文・宮観志・明代の地方志を中心に  
カナ ドウカン カンレン シリョウ ノ チョウサ ト ケンキュウ : キコウブン・キュウカンシ・ミンダイ ノ チホウシ オ チュウシン ニ  
ローマ字 Dōkan kanren shiryō no chōsa to kenkyū : kikōbun kyūkanshi Mindai no chihōshi o chūshin ni  
別タイトル
名前 Research of the resources concerning the Daoist abbey  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 酒井, 規史  
カナ サカイ, ノリフミ  
ローマ字 Sakai, Norifumi  
所属 慶應義塾大学商学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は、宋代から明代にかけての道観に関連する資料を収集・整理し、道観研究の基盤を形成することである。また、各地の道観の動向を把握し、道士の宗教活動を明らかにすることである。その目的を遂行するために、以下のような調査活動を行った。

(1)文献調査
研究計画の通り、(1)宋代の文人による紀行文、(2)宮観志、(3)明代の地方志について重点的に調査を行った。同時に各種資料に収録される碑文の調査も行い、道観に関する資料を収集・整理した。また、関連する研究書・資料集なども購読し、今後の研究の基盤を形成するようにつとめた。

(2)図書館における資料(版本)調査
都立中央図書館・宮内庁書陵部などに所蔵される資料を調査した。また、資料価値が高いと思われる版本(明代の嘉慶版『茅山志』など)については複写も行い、ほかの版本との比較を行った。

(3)国際学会における学術発表
上述の資料調査による成果をもとに、二つの学会発表を行った。まず、2019年6月、『首届洞天福地研究与保護国際学術検討会』(於中華人民共和国・寧徳)において「宋代遊記中所見的洞天福地与道観」という題目で発表を行った。南宋時代の周必大・陸游などによる紀行文に見える、洞天福地(道教の聖地)とそれに付随して建てられた道観についての記述を調査し、当時の道観の状況や道士の活動を明らかにしたものである。
続いて、2019年11月に『色目(回回)人与元代多元社会国際学術検討会曁2019年中国元史研究会年会』(於中華人民共和国・南京大学)において、「金元時代北方道教中的北宋道教之遺風」という題目で発表を行った。上述の発表が南宋時代の道教をあつかったものであったが、こちらは同時代の中国北方の道観と道士の活動をテーマにしている。碑文などの資料から、北宋時代の道教とそれに続く金元時代の道教の連続性を明らかにしたものである。
The aim of my study was to focus on the resources concerning the Daoist Abbey (Daoguan) and to examine the institutions of Daoist Abbey and the activities of Daoist priest (Daoshi) in Song-Yuan-Ming China.The results of the study include  (1) Researches of some resources in several libralies :Travel Journals,Records of Daoist Abbey (Gongguan zhi) and Topograhies(Difang zhi) ;(2) the presentation in international conferences at Fujian and Nanjing(the People's Republic of China).For details,refer to my Japanese abstract.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:31  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:31  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース