慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190035  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190035.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.8 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 137

Total downloads since Dec 16, 2022 : 137
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 組織文化と企業経営の計量的分析  
カナ ソシキ ブンカ ト キギョウ ケイエイ ノ ケイリョウテキ ブンセキ  
ローマ字 Soshiki bunka to kigyō keiei no keiryōteki bunseki  
別タイトル
名前 A study of organizational culture and corporate management : quantitative approach  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 和  
カナ サトウ, ヤマト  
ローマ字 Sato, Yamato  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、組織文化や組織風土の中でも企業倫理に関わるものに焦点を絞り、まず、文献サーベイを行った。これにより、ペイン(1994)が提示した「組織のインテグリティ」をフレームワークとした上で、経営者及び中間管理者の倫理的リーダーシップの発揮によって培われる組織の倫理風土が、従業員の倫理性と「仕事の意味深さ」感につながるというモデルと仮説を構築した。
次に、この仮説を検証するために、2件のサーベイを実施した。
1件目は、東証一部上場企業の企業倫理・コンプライアンス・CSR部門の長を対象とした、郵送による質問票調査である。当該調査においては、2,160社への送付に対し132社からの有効回答を得た。得られたデータについて、構造方程式モデリングによる分析を行い、次のような結果を得た。(1)経営者の倫理的リーダーシップは、いくつかの「型」の組織の倫理風土に対して、有意な影響を及ぼす。(2)従業員の倫理性に対しては、「他者貢献」型の倫理風土が最も強く影響を及ぼす。(3)従業員の「仕事の意味深さ」感に対しては、「規範と意思」を志向する倫理風土の方が、「会社の規則」を重視する倫理風土よりもはるかに強い影響を及ぼす。
こうした結果をふまえ、モデルのさらなる精緻化を目指し、2件目のサーベイを実施した。具体的には、従業員数約1,800名の東証一部上場企業(製造業)A社の全従業員を対象に、社内イントラネットによる質問票調査を実施した。1件名のサーベイとほぼ同様の質問項目について約1,600名からの有効回答を得、さらに職種や階層、所属部門等の属性についてもデータを得た。また、こうした定量的調査を補完するため、当社においては同時に、社長、管理者、一般社員、計100名を対象としたインタビュー調査を実施した。2020年2月現在、質問票調査を中心にデータの分析を進めているところであるが、その成果は、2020年度以降の国内外の学会で報告し、論文としてまとめる予定である。
In this study, as a first step, I reviewed previous studies focusing on articles of organizational culture and organizational climate related to business ethics. As a result, I formulated a model and hypotheses which showed that both a top manager's and middle managers' ethical leadership create organizational ethical climate which affect employees' ethical orientation and meaningfulness of their work, based on the concept of Organizational Integrity which Paine(1994) have presented. 
Then, I conducted two surveys to test the hypotheses.
First, I conducted an empirical research questionnaire survey by mail. I obtained 132 valid responses from business ethics officers of Japanese companies listed in the first sectors of the Tokyo stock market and analyzed the data using structural equation modeling. The results show: (1) top management's ethical leadership affects several types of organizational ethical climate, (2) the "contribution/benevolence toward others" type climate has the strongest influence on the employees' ethical orientation, and (3) the "principle and decision" type climate has a stronger influence on meaningful work than the "rules of companies" type climate.
In turn, I conducted second research to brush up the model and test the hypotheses again. Specifically, I conducted an employee survey at a manufacturing company which has more than 1,800 employees. I got about 1,600 valid responses which included the answers for the same questions of the first survey showed above and the personal data of the respondents such as occupation, grade, and branch. To complement the quantitative survey, I also conducted an interview research at the company seeing more than 100 employees and the top management. Now, I am analyzing the quantitative data of the survey, I will show the results and arguments at academic conferences held in home and abroad to publish several articles.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:52  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1291) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (462)
3位 新自由主義に抗す... (404)
4位 In-vivo kinemati... (315)
5位 石垣島の「エコツ... (280)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (958) 1st
2位 酢酸エステル類の... (599)
3位 文化資本概念の現... (533)
4位 興味が引き起こさ... (511)
5位 インフルエンサー... (479)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース