慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180301  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180301.pdf
Type :application/pdf Download
Size :118.6 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 81

Total downloads since Oct 24, 2022 : 81
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 曲面形状における「複雑さ」の定量化法とそれを用いた形状生成システムの構築  
カナ キョクメン ケイジョウ ニ オケル「フクザツ サ」ノ テイリョウカホウ ト ソレ オ モチイタ ケイジョウ セイセイ システム ノ コウチク  
ローマ字 Kyokumen keijō ni okeru "fukuzatsu sa" no teiryōkahō to sore o mochiita keijō seisei shisutemu no kōchiku  
別タイトル
名前 Quantification of "complexity" of curved surfaces and its application to shape generation system  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 加藤, 健郎  
カナ カトウ, タケオ  
ローマ字 Kato, Takeo  
所属 慶應義塾大学理工学部専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年,製品の形状をコンピュータが自動生成するジェネラティブデザインが注目されている.しかし,これらは,位相最適化のように主に力学特性のみを評価している.このため,意匠性に関する評価を追加することができれば,今後のものづくりに大きな影響を与えると考えられる.
本研究では,曲面形状に関するヒトの認知「複雑さ」を定量化するガウス曲率積分とガウス曲率エントロピーを用いて,曲面形状の自動生成システムを構築した.同システムは、NURBS曲面における制御点の一と重み係数を設計変数とし,粒子群最適化法を用いて,上述した指標における所望の値を有する形状を自動的に生成することができる.さらに,本研究では,同法により得られた形状に関する官能評価実験を行うことで,官能評価値と指標間での高い相関(決定係数0.9以上)を確認した.また,同システムを用いたデザイナーによるデザイン実験を行うことで,同システムのアイデア発想における適用可能性を示唆した.
今後の課題として,対話型最適化手法の応用による,所望の形状の生成効率の向上を図ることや,同システムを多様なデザイン対象に適用することで汎用性を確認することなどが挙げられる.
なお,得られた成果については,学術論文誌(Computers & Graphics)1件,国際会議発表(Design & Principles 2019)1件,国内会議発表(日本感性工学会春季大会)2件において報告した.
Generative design, in which computers automatically generate the product shapes, has attracted attention, recently. The design, however, evaluates only mechanical (engineering) characteristics (e.g., topological optimization). Therefore, if the industrial design characteristics can be evaluated, it will have great influence on the future design (product development).
This study proposed the automatic curved shape generation system using the two indices called Gaussian integration and Gaussian entropy that enable to quantify the human recognition: "complexity". The proposed system employs the locations of the control points and weights of the NURBS surface as design valuables, and can automatically derive the shapes having the required values of the indices by optimizing them using particle swarm optimization. Additionally, this study conducted the sensory evaluation experiment against the shapes derived by the proposed system and confirmed the high correlation (coefficient of determination is greater than 0.9) between the sensory evaluation values and the indices of them. This study also conducted the design experiment by professional designers and indicates the proposed system is applicable for idea generation.
The future tasks are 1) improvement of the efficiency to generate the required shapes by using interactive heuristic optimization method and 2) to confirm the versatility by applying the proposed system to diverse design objects.
The achievements of this research are published/presented as the following journal/conferences: Computers & Graphics, Design & Principles 2019, and Spring Annual Meeting of JSKE 2019.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:38:18  
作成日
Oct 24, 2022 13:38:18  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース