慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180262  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180262.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.2 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 32

Total downloads since Oct 24, 2022 : 32
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 高頻度データを用いた金融市場におけるサプライズの計測  
カナ コウヒンド データ オ モチイタ キンユウ シジョウ ニ オケル サプライズ ノ ケイソク  
ローマ字 Kōhindo dēta o mochiita kin'yū shijō ni okeru sapuraizu no keisoku  
別タイトル
名前 Quantification of surprises in financial markets using high frequency data  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鎌田, 康一郎  
カナ カマダ, コウイチロウ  
ローマ字 Kamada, Koichiro  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、円ドル相場の高頻度データを用いて、日本銀行の量的・質的金融緩和に対する外国為替市場参加者の行動を分析した。量的・質的金融緩和は、同政策の導入、同政策の拡大、マイナス金利政策の導入、長短金利操作の導入という4つの局面に分かれる。局面ごとに、政策公表日の円ドル相場の動きを詳しく分析すると、円は日本銀行のアナウンスに直ちに反応して、米ドルに対し減価している様子を見て取れる。

また、本研究では、日本銀行のアナウンスによって引き起こされた市場参加者のサプライズを計測した。すると、政策をアナウンスした後の市場のサプライズは非常に小さく、先行研究で計測された国債先物市場におけるサプライズよりも小さかった。これには、外国為替市場参加者が、次に導入される政策の内容を積極的に予想し、数か月前からその効果を為替相場に織り込んでいたことがその背景にあると考えられる。

しかし、政策がいつ公表されるかを正確に予想するのは難しく、市場が為替相場に予想を十分に織り込む時間がないこともあり得る。例えば、市場参加者は、マイナス金利政策の導入を正式な公表の数時間前まで予想していなかったと考えられる。市場参加者は、新たな公表情報がないままに、考え得る限りの政策オプションを検討し、予想形成を行った。その結果、正式なアナウンスが行われる前までには、マイナス金利導入のインパクトが想定内に収まるほど、彼らの予想は広範囲に及ぶこととなった。

本研究の結果は、金融政策効果の分析に関する最近のマクロ経済学の動きに対して、重要な警告を発していると考えられる。近年、政策ショックを高頻度データから抽出し、金融政策のマクロ経済へのインパクトを計測しようという研究が増えている。しかし、外国為替相場では、将来の政策をそれがアナウンスされるかなり前から価格に織り込んでしまうため、正式なアナウンスがなされたときの価格へのインパクトは小さくなる傾向がある。したがって、正式なアナウンス以降に観察される相場変動を見ているだけでは、政策効果を過小推計してしまう可能性がある。
We characterized the reaction of the FX market to the quantitative and qualitative easing implemented by the Bank of Japan (BOJ), using the high frequency data on the yen/dollar exchange rate. The quantitative and qualitative easing is divided into four phases: the introduction of the policy; the strengthening of the policy; the addition of negative interest rate policy; and the addition of yield curve control. We examined closely the behavior of the yen/dollar FX market on the dates of policy announcement. We found that the yen responded to the BOJ's announcements and quickly depreciated against the US dollar.

We also calculated market participants' surprises induced by the BOJ's policy announcements. Interestingly, market surprises observed after the announcements were very small and smaller than those measured in a preceding research on the Japanese government bond futures. We found that the participants in the FX market forecast the contents of forthcoming policies aggressively and incorporated that information into the exchange rate from a few months before the official announcements.

It is difficult, however, to predict exact dates of policy announcement. The market may be short of time to fully incorporate its expectations into the exchange rate. For instance, the market participants did not expect the addition of negative interest rate policy until a few hours before the official announcement. Without new public information, they immediately took into consideration as many policy options as they could. Consequently, the range of expectations was so wide before the official announcement was made that the impact of the introduction of negative interest policy was within their expectations.

The results of this research issue an important warning to the recent direction in the macroeconomic analysis of monetary policy. We have witnessed recently growing literature in which policy shocks are extracted from high frequency data to quantify the macroeconomic impact of monetary policy. In the FX market, however, the impact of forthcoming policy is incorporated into price movements well before the policy are announced. As a result, the price impact observed at the moment of announcement tends to be small. Consequently, we are likely to underestimate the policy effects, if we focus on the impact on exchange rates observed only after the official policy announcements are made.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:38:13  
作成日
Oct 24, 2022 13:38:13  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Japan's liv... (644) 1st
2位 人間疎外と実存思... (531)
3位 新自由主義に抗す... (447)
4位 認知文法から考え... (437)
5位 宋元刊両唐書およ... (379)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 刑法における因果... (618) 1st
2位 性犯罪者の釈放と... (527)
3位 姿勢維持における... (512)
4位 中和滴定と酸塩基... (510)
5位 人間疎外と実存思... (504)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース