慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180165  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180165.pdf
Type :application/pdf Download
Size :113.6 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 64

Total downloads since Oct 24, 2022 : 64
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル EBV感染癌細胞におけるmicroRNAを介した転移機構の解明と臨床応用  
カナ EBV カンセン ガンサイボウ ニ オケル microRNA オ カイシタ テンイ キコウ ノ カイメイ ト リンショウ オウヨウ  
ローマ字 EBV kansen gansaibō ni okeru microRNA o kaishita ten'i kikō no kaimei to rinshō ōyō  
別タイトル
名前 Epstein-barr virus microRNA regulate metastasis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 秋好, 健志  
カナ アキヨシ, タケシ  
ローマ字 Akiyoshi, Takeshi  
所属 慶應義塾大学薬学部専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
EBV (Epstein Barr Virus) 感染癌細胞は高転移性を有しているが、その詳細な機能については不明な点が多く残されている。一方で、当研究グループは EBV ゲノムにコードされる microRNA (miR) である miR-BART6 が、 miRNA プロセッシングの Key 蛋白である DICER に相補的に結合して発現を抑制することを明らかにしている。また、上皮癌における転移は癌細胞が上皮間葉転換 (Epithelial‐to‐Mesenchymal Transition; EMT) により、接着能の消失および遊走・浸潤能を獲得することにより引き起こされる。これまでに、miR-200 が EMT 誘導転写因子の ZEB の抑制を介して EMT への移行を抑制することが報告され、乳癌細胞においては ZEB1 の調整は腫瘍形成を促進させることが報告された。つまり、上皮がん細胞において miR-200 の活性低下による EMT 転写因子の活性化を介した接着能の消失および遊走・浸潤能を獲得するというがんの転移において重要なプロセスである。さらに、その上流の DICER に対する miR-BART6 の抑制作用は、下流の EMT 関連プロセスに作用し、EMTの亢進を引き起こす可能性が示唆される。そこで、本研究では、EBV 感染癌細胞において miR-BART6 による DICER の発現抑制が miR-200 の低下を引き起こし EMT を亢進するか否か検討を行った。
miR-BART6 安定発現細胞株を用いて細胞の移動度を評価した結果、コントロールと比較して、数倍の速度で移動することが確認された。一過性に miR-BART6-5p を導入した細胞株において、EMT 誘導因子である ZEB1 および SNAI1 および SNAI2 の発現量が上昇していることが明らかとなった。一方、DICER1 の発現量は減少していた。また、miR200 family についても変動している可能性が示唆された。以上より、本研究において miR-BART6-5pの導入による DICER1の発現量の低下を介した miR200 の抑制により、EMT 転写因子の活性化が引きこされることが明らかになった。
[AIM]
The aim of this in vitro study was to evaluate the effect of miR-Bart6 infection on the Epithelial -to mesenchymal transition, EMT and to investigate the mechanism of EMT via inhibition of DICER1 expression.
[METHODs]
Cell line; MCF-7, MDA-MB-231, mir-Bart6 stable expressed cell lines
Assay; Wound healing assay, qPCR, Westernblot

[Results]
1. mir-Bart6-5p decreased the expression level of DICER 1 on MCF7 cell line.
2. The expression of miR200 family were regulated by mir-Bart6-5.
3. For the wound healing assay, mir-Bart6 stable expressed MCF-7 cells moved faster than control MCF-7 cell line.
 [Disussion]
These findings suggested that mir-Bart6 expression regulate the EMT via decreased DICER1 and miR200 expression.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:24  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アジア・太平洋戦... (883) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (472)
3位 慶應義塾図書館史... (422)
4位 新自由主義に抗す... (411)
5位 認知文法から考え... (338)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (4041) 1st
2位 病院薬剤師におけ... (821)
3位 なぜ日本ユニテリ... (809)
4位 アジア・太平洋戦... (593)
5位 インフルエンサー... (587)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース