慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000002-20170346  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000002-20170346.pdf
Type :application/pdf Download
Size :133.5 KB
Last updated :Feb 22, 2019
Downloads : 504

Total downloads since Feb 22, 2019 : 504
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「世界文学」の時代におけるイギリス文学、日本文学の地政学的な再検討の研究  
カナ 「セカイ ブンガク」 ノ ジダイ ニ オケル イギリス ブンガク, ニホン ブンガク ノ チセイガクテキナ サイケントウ ノ ケンキュウ  
ローマ字 "Sekai bungaku" no jidai ni okeru Igirisu bungaku, Nihon bungaku no chiseigakutekina saikentō no kenkyū  
別タイトル
名前 A study of the geopolitical significance of English and Japanese literature in the age of world literature  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 元状  
カナ サトウ, モトノリ  
ローマ字 Sato, Motonori  
所属 慶應義塾大学法学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
2017年度は本研究の最終年にあたる。研究グループ全体での成果と研究者個人のアウトプットを意識して総括的な研究活動を行った。前者としては, 2017年10月21日に慶應義塾大学三田キャンパスにて, 「世界文学の現在」と称する大規模なシンポジウムを行った。イギリス文学, アメリカ文学, フランス文学, 日本文学といった各国別の文学史を, 地域横断的, 時代横断的な「世界文学」の視点から生産的に読み直そうとする試みであった。また基調講演には, 世界的な日本文学研究者ダミアン・フラナガンさんを迎えて, 夏目漱石とシェイクスピアを世界文学の観点から論じてもらった。以下, 簡単にプログラムの内容を紹介する。
イントロダクション 佐藤元状
第一部 世界文学としての日本文学
田尻芳樹 春山行夫と日本のモダニズム
脇田裕正 V.F.カルヴァートン, ユージン・ジョラス, 春山行夫ーモダニズムとプロレタリアの間で
第二部 世界文学としてのイギリス文学
武藤浩史 ザ・ポストコロニアル・ドラブルー『碾臼』と『昏い水が押し寄せてくる』における移民とイングリッシュネス
日吉信貴『わたしを離さないで』における女同士の絆
佐藤元状 グレアム・グリーン, ある映画的人生
第三部 世界文学という問い
ジェイムズ・レイサイド フィクションと戦争の描き方ーバラード, アントニー・ポール, そしてプルースト
板倉厳一郎 世界の終わりと現代小説ー英米文学の向こうへ
吉田恭子 Make Gatsby Great Againーポスト・アメリカのギャツビーたち
大原宣久 パラレルワールドと猫ーフィリップ・フォレスト『シュレーディンガーの猫を追って』およびその周辺をめぐって
横山千晶 ヤン・マーテルと「放浪」の文学
基調講演 ダミアン・フラナガン 世界の二大文豪, 夏目漱石xウィリアム・シェイクスピア
個人としては, 佐藤, 横山, 武藤がそれぞれ単著を出版し, 学術的な成果を世に問うことができた。
The year 2017 was the fanal year of our project. We were constantly aware of producing both group and individual outputs. As for the former, we held a one-day sympodium "World Literature Now" at Mita Campus, Keio University, on October 21, 2017. The purpose of the event was to rethink national literatures, such as English, American, French, Japanese, in terms of world literature, thereby producing an interactive vision of literary history. In addition to the specialists based in the Kansai area, we have invited Dr. Damian Flanagan, a world-known Japanologist, for the keynote lecture. Here is the program of the sympodium.
Introduction : Motonori Sato
Part One : Rethinking Japanese Literature as World Literature
Yoshiki Tajiri "Yukio Haruyama and Japanese Modernism"
Hiromasa Wakita "V. F. Calverton, Eugene Jolas, Yukio Haruyama : Between Modernism and Proletarian Literature"
Part Two : Rethinking English Literature as World Literature
Hiroshi Muto "The Postcolonial Drabble: Immigrants and Englishness in The Millstone and The Dark Flood Rises"
Nobutaka Hiyoshi "Female Bonding in Never Let Me Know"
Motonori Sato "Graham Greene, a Cinematic Life"
Part Three : What Is World Literature?
James Raeside "Fiction and War in J. G. Ballard, Anthony Powell, Proust"
Genichiro Itakura "The Ending of the World and Contemporary Fiction : Beyond English Literature"
Kyoko Yoshida "Make Gatsby Great Again : Post-American Gatsbies"
Nobuhisa Ohara "The Parallel World and Cats : Philippe Forest's Le Chat de Schrödinger"
Chiaki Yokoyama "Yann Martel and the Literature of Wandering"
Keynote Lecture
Damian Flanagan "The Two Greatest Men of Letters : Soseki Natsume vs William Shakespeare"
As for the individual outputs Muto, Sato and Yokohama have published books related to our project.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 22, 2019 13:17:48  
作成日
Feb 21, 2019 16:15:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Feb 22, 2019    上位タイトル 名前,抄録 内容,著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース