慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170286  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170286.pdf
Type :application/pdf Download
Size :121.5 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 182

Total downloads since Feb 21, 2019 : 182
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル K-Ras変異を有する不均一性肺腺がんに対する新規治療標的とバイオマーカーの探索  
カナ K-Ras ヘンイ オ ユウスル フキンイツセイ ハイセンガン ニ タイスル シンキ チリョウ ヒョウテキ ト バイオマーカー ノ タンサク  
ローマ字 K-Ras hen'i o yūsuru fukin'itsusei haisengan ni taisuru shinki chiryō hyōteki to baiomākā no tansaku  
別タイトル
名前 Novel therapeutic targets and biomarkers in heterogeneous lung adenocarcinoma with the KRAS gene mutation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 有馬, 好美  
カナ アリマ, ヨシミ  
ローマ字 Arima, Yoshimi  
所属 慶應義塾大学医学部附属先端医科学研究所助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
EGFRあるいはKRAS遺伝子変異は肺がんの約50-60%に検出され, Rasシグナル関連分子の活性化がみられる。EGFR遺伝子変異を有する非小細胞肺がんに対する治療薬としてチロシンキナーゼ阻害剤が一般的に使用されるようになったが, KRAS遺伝子変異を有する肺がんに対しては未だ治療法が確立されていない。さらに, 腫瘍内不均一性をもつKRAS遺伝子変異非小細胞肺がんは, 化学療法に対してより抵抗性を示し全生存期間が短いという臨床的特徴がある。そこで私たちは, KRAS遺伝子変異を有する不均一な肺腺がんの動物モデルを作製し, 新規治療標的およびバイオマーカーの探索を行うことによって, 新規治療法を開発することを目的とし本研究を行っている。
3年間の研究期間で, K-Ras変異を有する肺がんの不均一性を規定する分子の同定とバイオマーカーの開発, そして新たな治療戦略の開発を行う予定である。1年目である本年度は, マウス肺細胞を単離した後, 3次元培養オルガノイドにより幹細胞性を高く維持する細胞を濃縮培養し, それらの細胞にKRasG12Vを導入することによって腫瘍形成細胞を作製した。この細胞を免疫能が正常な同系マウス(肺, 腎被膜下, 皮下)に移植すると, ヒト肺腺がんに酷似した不均一性腫瘍を形成することができる。マウスに形成された腫瘍の組織学的解析, および, 腫瘍形成細胞の特性について解析を行い, KRasG12Vによって不均一な腫瘍が形成されるためのカギとなる分子の同定を行った。また, マウスモデルと肺がん患者サンプルにおける候補分子の発現を解析し, 候補分子が治療のための標的因子またはバイオマーカーとなる可能性について検討を行っているところである。
About 50 to 60% of lung cancer patients have mutations in their EGFR or KRAS genes. The tyrosine kinase inhibitor has generally been used as a therapeutic agent for non-small cell lung cancer (NSCLC) with the EGFR gene mutation. At this time, however, there are no targeting agents for NSCLC with the KRAS gene mutation. KRAS gene mutant NSCLCs are histologically heterogeneous and have clinical features showing resistance to chemotherapies and these patients have short overall survival rates. Consequently, we are attempting to develop a novel therapeutic strategy by establishing mouse models of heterogeneous lung adenocarcinoma with the KRAS gene mutation.
Within a 3-year research period, we intend to identify the principal molecules that induce heterogeneity in lung adenocarcinoma, which are associated with the KRAS gene mutation. Furthermore, we intend to develop novel therapeutic targets and/or biomarkers in lung adenocarcinoma. We developed syngeneic mouse models based on a combination of the organoid 3D culture technique and the inoculation of oncogene-expressed lung cells into the syngeneic mice. We isolated the lung cells from the mice and maintained these cells as organoids under 3D culture conditions. Those cells were then infected with retroviruses expressing KRASG12V. Heterogeneous tumors formed in the syngeneic mice when we inoculated the KRASG12V-expressing cells into the lungs, renal sub-capsules, or subcutaneous tissues of the syngeneic mice. The tumors histologically resembled human lung adenocarcinomas. In order to identify the key molecules that form heterogeneous tumors driven by the KRASG12V, we are investigating the characteristics of the tumor-initiating cells that we have established. Additionally, we are analyzing the expression of the candidate molecules in our mouse tumors and in clinical samples.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 16:11:39  
作成日
Feb 21, 2019 16:11:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース