慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170273  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170273.pdf
Type :application/pdf Download
Size :136.2 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 292

Total downloads since Feb 21, 2019 : 292
 
タイトル
タイトル マウス皮膚全層欠損モデルを用いた、ヒト羊水幹細胞シートの抗線維化作用に関する検討  
カナ マウス ヒフ ゼンソウ ケッソン モデル オ モチイタ, ヒト ヨウスイ カンサイボウ シート ノ コウセンイカ サヨウ ニ カンスル ケントウ  
ローマ字 Mausu hifu zensō kesson moderu o mochiita, hito yōsui kansaibō shīto no kōsen'ika sayō ni kansuru kentō  
別タイトル
名前 Analysis of anti- fibrotic effect of human amniotic fluid stem cell sheet on cutaneous wound closure in mice  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 落合, 大吾  
カナ オチアイ, ダイゴ  
ローマ字 Ochiai, Daigo  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室助教(有期・医学部)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, ヒト羊水幹細胞(Human amniotic fluid stem cell ; hAFS)を用いた細胞シートを用いて, 難治性の先天性疾患に対する新しい自己羊水幹細胞治療法を 提案することを目的とした。
まず, BALA/cマウス皮膚全層欠損モデルを用いて, hAFS細胞シートと一般的な間葉系幹細胞(MSC)である骨髄MSC(BM-MSC)細胞シートと抗線維化作用を比較すること企図し, BM-MSC細胞シート作成を試みた。しかし, 期待に反して安定したBM-MSC細胞シートの作成は容易ではなく, BALA/cマウス皮膚全層欠損モデルを用いた実験を行うことはできなかった。
一方で, 我々はこれまでにhAFSの三胚葉性分化能に関しては, 神経様細胞, 心筋様細胞の作成に成功していたが, 本年度は血管新生能, および, 肝細胞分化能を検討した。その結果, hAFSは適切な培養条件下ではVEGFタンパク陽性のAngiogenesis networkの作成がin vitroで可能であることが示された。しかし, 肝細胞への分化能に関しては, 本年度は成功しなかった。
さらに, hAFSの有する抗繊維化作用のメカニズムを調べるために, hAFSそのもの, あるいは, hAFS細胞シートの培養上清に含まれる分泌因子をELISA法にて測定した。興味深いことに, hAFSから分泌される因子は時間依存性に分泌が増加するものと12時間後をピークに一過性に分泌が増加するものに分類され, 前者ではVEGFが後者ではIL-10やPGE2が代表的な因子であった。しかし, hAFSを細胞シート化することによる優位性はこの実験では見いだすことができなかった。
In this study, we aimed to propose a novel method for intractable congenital diseases using human amniotic fluid stem cell sheet (hAFS sheet).
First, by using the full-thickness skin defect model in BALA/c mice, we aimed to compare the anti-fibrotic effect of hAFS sheet and bone marrow MSC (BM-MSC sheet), which is a representative MSC. We tried to prepare BM-MSC sheet. However, contrary to our expectation, we could not prepare a stable BM-MSC sheet, and we could not perform the experiment using the full-thickness skin defect model in BALA/c mice.
Second, we previously demonstrated that hAFS could directly differentiate into neuron- like cells and cardimyocyte- like cells in an appropriate culture condition. Therefore, we aimed to determine the differentiation potential of hAFS toward angiogenesis and hepatocyte. As a result, we demonstrated that hAFS could directly differentiate VEGF-positive cell like an angiogenesis network in vitro in an appropriate condition. However, we could not show the differentiational potential of hAFS into hepatocyte.
Finally, in order to investigate the mechanisms for anti- fibrotic effect, paracrine factors secreted from hAFS plated on the culture dish and hAFS sheet were measured by ELISA. Interestingly, ELISAs showed that VEGF levels gradually increased during the observation period, whereas, IL-10 and PGE2 levels peaked at 12 h and declined to baseline. However, we could not find out the superiority by converting hAFS into cell sheet.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 16:09:50  
作成日
Feb 21, 2019 16:09:50  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース