慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
0402-2002-0034  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
0402-2002-0034.pdf
Type :application/pdf Download
Size :5.7 MB
Last updated :Jun 18, 2021
Downloads : 82

Total downloads since Jun 18, 2021 : 82
 
タイトル
タイトル Musical diversity in India : a preliminary computational study using cantometrics  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 インドにおける音楽多様性 : カントメトリクスを用いた計算的予備研究  
カナ インド ニ オケル オンガク タヨウセイ : カントメトリクス オ モチイタ ケイサンテキ ヨビ ケンキュウ  
ローマ字 Indo ni okeru ongaku tayōsei : kantometorikusu o mochiita keisanteki yobi kenkyū  
著者
名前 大穀, 英雄  
カナ ダイコク, ヒデオ  
ローマ字 Daikoku, Hideo  
所属 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程  
所属(翻訳) Master's program, Graduate School of Media and Governance, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 Wood, Anna L.C.  
カナ ウッド, アンナ ロマックス  
ローマ字  
所属 President, Association for Cultural Equity, New York City, USA  
所属(翻訳) 文化的平等協会代表、アメリカ、ニューヨーク  
役割  
外部リンク  

名前 Savage, Patrick E.  
カナ サベジ, パトリック  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学環境情報学部准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
藤沢  
出版者
名前 慶應SFC学会  
カナ ケイオウ SFC ガッカイ  
ローマ字 Keiō SFC gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio SFC journal  
翻訳  
20  
2  
2020  
 
開始ページ 34  
終了ページ 61  
ISSN
13472828  
ISBN
9784877385651  
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The degree of musical diversity within and between societies is a topic of long-standing debate with theoretical implications for cross-cultural musical comparison. Standardized cross-cultural data on musical variation from Alan Lomax's Cantometrics Project newly made available via the Global Jukebox allows us to attempt to quantify this variation. Here we perform a case study of traditional Indian vocal music using the 37 Cantometric features for 207 traditional songs from 32 Indian societies. Principal Component Analysis identifies complexity of vocal style as the primary factor shaping musical variation in India, consistent with Lomax's previous analyses of global variation. We find only very minor musical differences on average between speakers of different language families (Indo-European, Dravidian, and Austro-Asiatic), but greater variation between societies within language families. Additionally, we demonstrate how quantitative analysis can be strengthened by observations from musicians with direct experience of local traditions and applied to local/regional musicological questions.
 
目次

 
キーワード
cross-cultural  

diversity  

music  

India  

Cantometrics  
NDC
 
注記
特集 音楽と科学
招待論文 : 研究論文
 
言語
英語  

日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 18, 2021 13:23:35  
作成日
Jun 18, 2021 13:19:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 18, 2021    インデックス を変更
Jun 18, 2021    著者 役割,著者 外部リンク,著者 名前,著者 カナ,版 版,出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,NDC を変更
 
インデックス
/ Public / 湘南藤沢 / Keio SFC journal / 20(2) 2020
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース