慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
0402-1001-0008  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Corporate branding in financial services : management and customer perceptions for retail banks in India  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 金融サービスにおけるコーポレイト・ブランディング : インドにおけるリテールバンクの経営陣と顧客の認識  
カナ キンユウ サービス ニ オケル コーポレイト・ブランディング : インド ニ オケル リテール バンク ノ ケイエイジン ト コキャク ノ ニンシキ  
ローマ字 Kinyu sabisu ni okeru koporeito burandingu : Indo ni okeru riteru banku no keieijin to kokyaku no ninshiki  
著者
名前 Billore, Soniya  
カナ ビローレ, ソニヤ  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程(2008年9月所定単位取得退学)  
所属(翻訳) Doctoral program, Graduate School of Media and Governance, Keio University (withdrawal from the Doctoral program with the completion of course requirements in September 2008)  
役割  
外部リンク  

名前 桑原, 武夫  
カナ クワハラ, タケオ  
ローマ字 Kuwahara, Takeo  
所属 慶應義塾大学総合政策学部教授  
所属(翻訳) Professor, Faculty of Policy Management, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
藤沢  
出版者
名前 慶應義塾大学湘南藤沢学会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ショウナン フジサワ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku Shonan Fujisawa gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio SFC journal  
翻訳  
10  
1  
2010  
 
開始ページ 83  
終了ページ 95  
ISSN
13472828  
ISBN
9784877383749  
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The purpose of this study was to research corporate branding of retail banks and the relationships between management and customers' perceptions of 'banks as brands'. With a proposed research model focusing on corporate branding and customer behavior, perception commonalities and differences of brand elements were explored. A survey was conducted incorporating 32 retail banks and 520 customers in 3 urban areas of India, and data were analyzed using a range of statistical methods. The study identified five critical branding elements where differences between management projections and customer perceptions existed. In sum, given the intensifying competition among banks, a customercentric branding strategy was suggested to create a successful brand strategy, enhance brand recall and create high brand-value for banks.
 
目次

 
キーワード
Corporate branding  

Branding elements  

Customer perceptions  

Gap analysis  
NDC
 
注記
自由論題
研究論文
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
none  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 15, 2011 09:00:00  
作成日
Apr 15, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 湘南藤沢 / Keio SFC journal / 10(1) 2010
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース