慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
0402-0802-0600  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
0402-0802-0600.pdf
Type :application/pdf Download
Size :509.2 KB
Last updated :Dec 16, 2009
Downloads : 872

Total downloads since Dec 16, 2009 : 872
 
タイトル
タイトル Sustainable education collaboration architecture on digital infrastructure  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 インターネット環境を利用した持続可能な教育協力アーキテクチャ  
カナ インターネット カンキョウ オ リヨウシタ ジゾク カノウナ キョウイク キョウリョク アーキテクチャ  
ローマ字 intanetto kankyo o riyoshita jizoku kanona kyoiku kyoryoku akitekucha  
著者
名前 三川, 荘子  
カナ ミカワ, ショウコ  
ローマ字 Mikawa, Shoko  
所属 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別研究講師  
所属(翻訳) Assistant Professor, Graduate School of Media and Governance, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 大川, 恵子  
カナ オオカワ, ケイコ  
ローマ字 Okawa, Keiko  
所属 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授  
所属(翻訳) Professor, Graduate School of Media Design, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 村井, 純  
カナ ムライ, ジュン  
ローマ字 Murai, Jun  
所属 慶應義塾大学環境情報学部教授  
所属(翻訳) Professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
藤沢  
出版者
名前 慶應義塾大学湘南藤沢学会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ショウナン フジサワ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku shonan fujisawa gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2008  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio SFC journal  
翻訳  
8  
2  
2008  
 
開始ページ 77  
終了ページ 93  
ISSN
13472828  
ISBN
9784877383497  
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper presents the first sustainable education collaboration architecture that interconnects universities to build multilateral learning environment to foster students to become cosmopolitans. The proposed approach is taken from technical and administrative aspect to enable effective and sustainable
education collaborations among the universities. The distance education system enabled any contents provider or university to technically participate in the education collaboration. The collaboration guidelines enabled other distance education systems to interconnect with the proposed system as well as enabling official education collaboration among the partners within the proposed system. The operator development enabled the sustainability and autonomy of the proposed architecture. This research is unique that it pursues how to sustain the education collaboration region-wide by integrating the three aspects: distance education system, guideline development and operator development, while other work focuses on only one or two components. he six years of experience conducting the education collaborations proved the feasibility, sustainability, and effectiveness of the proposed architecture.
本研究は、真の世界市民たる学生を育成するため、国を超えた大学同士の連結を実現させ、大学同士の教育協力を持続的に行うアーキテクチャを提案した。遠隔教育システムでは、大学やコンテンツ提供者が技術的に教育協力に参加できる枠組みの構築を行った。協力ガイドラインでは、提案システム上での大学間の教育協力手法の提案に加え、他の遠隔教育システムとの連結も可能とした。オペレータ育成を通し、システムの持続的・自律的な運用を可能とした。本研究は、地域規模の教育協力を持続可能なものにするため多角的なアプローチを取り、遠隔教育システム・ガイドラインの作成・オペレータの育成を行った。他の研究ではこれら3 つの要素が全ては揃っておらず、持続性に欠ける。6 年間の教育協力を通した実証実験より、提案アーキテクチャの有用性及び持続可能性を証明した。
 
目次

 
キーワード
Sustainable collaboration  

Distance education  

Tertiary education  

Multilateral environment  

Asia  
NDC
 
注記
特集 アジアにおけるネットワークと遠隔教育
研究論文
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2009 14:34:42  
作成日
Aug 18, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2009    コメント, フリーキーワード, 抄録, 版, 本文, キーワード を変更
 
インデックス
/ Public / 湘南藤沢 / Keio SFC journal / 8(2) 2008
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース