慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
0402-0701-0800  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
0402-0701-0800.pdf
Type :application/pdf Download
Size :779.9 KB
Last updated :Jul 15, 2008
Downloads : 1574

Total downloads since Jul 15, 2008 : 1574
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 消費者への情報開示と企業間関係の変化 : 加工食品メーカーにおける情報開示の実態と評価を中心に  
カナ ショウヒシャ エノ ジョウホウ カイジ ト キギョウカン カンケイ ノ ヘンカ : カコウ ショクヒン メーカー ニ オケル ジョウホウ カイジ ノ ジッタイ ト ヒョウカ オ チュウシン ニ  
ローマ字 Shohisha eno joho kaiji to kigyokan kankei no henka : kako shokuhin meka ni okeru joho kaiji no jittai to hyoka o chushin ni  
別タイトル
名前 The disclosure of information and its effects on organizational relationships : a focus on practices and evaluations in food processing companies  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小川, 美香子  
カナ オガワ, ミカコ  
ローマ字 Ogawa, Mikako  
所属 東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科助教  
所属(翻訳) Assistant Professor, Graduate School of Marine Science and Technology, Tokyo University of Marine Science and Technology  
役割  
外部リンク  

名前 梅嶋, 真樹  
カナ ウメジマ, マサキ  
ローマ字 Umejima, Masaki  
所属 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別研究講師  
所属(翻訳) Assistant Professor, Graduate School of Media and Governance, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 國領, 二郎  
カナ コクリョウ, ジロウ  
ローマ字 Kokuryo, Jiro  
所属 慶應義塾大学総合政策学部教授  
所属(翻訳) Professor, Faculty of Policy Management, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
藤沢  
出版者
名前 慶應義塾大学湘南藤沢学会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ショウナン フジサワ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku shonan fujisawa gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2007  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio SFC journal  
翻訳  
7  
1  
2007  
 
開始ページ 124  
終了ページ 136  
ISSN
13472828  
ISBN
9784877383251  
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
筆者らの「食品トレーサビリティに関する調査」によると、多くの組織は消費者への情報開示の効果に懐疑的だった。一方、情報開示に積極的で、原材料供給業者と生産ノウハウの共有を始めたメーカーがあった。本稿では、調査結果を報告し、消費者への情報開示が企業間の情報開示を促すことで新たな企業間関係を導くという概念モデルを提示する。
  Our research on food traceability systems indicates that many organizations are skeptical about the positive effects of disclosing information. However for manufacturers that readily disclose information, this disclosure was conducive to the exchange of production know-how with raw material suppliers. Disclosure may also promote the flow of information between suppliers and manufacturers. As a result of our research, we are able to devise a conceptual model which encourages this disclosure of information between manufacturers and suppliers.
 
目次

 
キーワード
総合政策学  

情報開示  

食品トレーサビリティ  

消費者  

企業間関係  
NDC
 
注記
総合政策学特別号
研究論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 15, 2008 09:00:00  
作成日
Jul 15, 2008 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 湘南藤沢 / Keio SFC journal / 7(1) 2007
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース