慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO40002001-00002010-0044  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO40002001-00002010-0044.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.2 MB
Last updated :Jul 27, 2011
Downloads : 7392

Total downloads since Jul 27, 2011 : 7392
 
タイトル
タイトル 屋内位置情報システムの設計  
カナ オクナイ イチ ジョウホウ システム ノ セッケイ  
ローマ字 Okunai ichi joho shisutemu no sekkei  
別タイトル
名前 Planning for indoor location based service  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 肥後, 尚之  
カナ ヒゴ, ナオユキ  
ローマ字 Higo, Naoyuki  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Dissertant  
外部リンク  

名前 春山, 真一郎  
カナ ハルヤマ, シンイチロウ  
ローマ字 Haruyama, Shinichiro  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Thesis advisor  
外部リンク  
Publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン システム デザイン・マネジメント ケンキュウカ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku daigakuin shisutemu dezain manejimento kenkyuka  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
56 p.  
上位タイトル
名前  
翻訳  
 
 
 
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年、位置情報サービスが大きな注目を集めている。その大きな発端となったのは米国防省が運用している人工衛星を利用した位置情報システムGlobal Positioning System(以下GPS)の存在である。米国が1993年にGPSを民間に広く開放して以来、屋外での位置情報は非常に簡便となり、これに伴って民生品のGPS受信装置が発達し、カーナビゲーションシステムを筆頭に既に様々なサービスが実用化されている。
また、携帯電話からの警察や消防などへの緊急通報時にはGPSなどから得た位置情報を自動的に通知するシステムが構築されるなど、私たちの日常生活の安心、安全にも利用されるようになってきた。このように位置情報の重要性は近年益々高まってきており、社会インフラとして欠くことのできないものとなってきている。
一方、GPSが使用できない屋内に目を転じると位置情報の取得はまだまだ整備されていない。携帯電話の基地局を利用する測位手法や不特定多数の無線LAN基地局から出力される電波の情報を元に測位する手法も実現しているが、どちらとも精度が粗く、また後者は信頼性も高くない。他にも様々な技術や手法が提案されているものの、社会インフラと呼べるシステムはまだ実現していない。
そこで、本研究ではユーザーが屋内外を気にすることなく位置情報を使用できる環境を実現することを目標に、その実現に必要な条件を検討した。まず屋内の位置情報技術の現状を整理し、社会インフラの障害となっている事象などを確認した。その結果、屋内の位置情報システムには社会的な要望はあるものの、システムを構築する実質的な担い手が存在しないことがわかった。最も大きな問題はその構築費用である。費用が下がれば費用対効果が良くなり導入を検討するショッピングセンターなどの民間企業が増加すると考えられる。
さらに、本研究では屋内位置情報システム構築にかかる費用を軽減するために、もう一方のシステムの担い手であるユーザー側の携帯端末に着目した。近年、携帯端末の機能の高性能化は著しく、多くのセンサーが搭載されるようになってきている。その中の加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパスなどを用いることによって携帯端末だけで位置がわかる「自律航法」について実験を行った。
本研究によって、携帯端末の「自律航法」を考慮することにより、屋内位置情報インフラ構築費用が軽減できることがわかった。
 
目次

 
キーワード
GPS  

位置情報  

屋内  

自律航法  

携帯端末  
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Thesis or Dissertation  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 27, 2011 09:00:00  
作成日
Jul 27, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / (SDM)システムデザイン・マネジメント研究科 / Master's thesis / Academic Year 2010
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (265) 1st
2位 新自由主義に抗す... (258)
3位 ロマン主義として... (244)
4位 犯罪とわが国民性 (180)
5位 アセトアニリドの... (136)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本企業によるリ... (1135) 1st
2位 アセトアニリドの... (527)
3位 ジヒドロアクリジ... (486)
4位 ジャニーズのアイ... (464)
5位 中和滴定と酸塩基... (375)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース