慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
KO40001001-00002010-3436  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
KO40001001-00002010-3436.pdf
Type :application/pdf Download
Size :24.5 MB
Last updated :Jul 27, 2011
Downloads : 2453

Total downloads since Jul 27, 2011 : 2453
 
Title
Title 色覚異常者のQOL(Quality Of Life)を向上させる色覚ツール  
Kana シキカク イジョウシャ ノ QOL (Quality Of Life) オ コウジョウ サセル シキカク ツール  
Romanization Shikikaku ijosha no QOL (Quality Of Life) o kojo saseru shikikaku tsuru  
Other Title
Title Color vision tools to improve quality of life of people with color vision deficiency  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 浅田, 一憲  
Kana アサダ, カズノリ  
Romanization Asada, Kazunori  
Affiliation  
Affiliation (Translated)  
Role Dissertant  
Link  

Name 砂原, 秀樹  
Kana スナハラ, ヒデキ  
Romanization Sunahara, Hideki  
Affiliation  
Affiliation (Translated)  
Role Thesis advisor  
Link  
Edition
Publisher  
Place
横浜  
Publisher
Name 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科  
Kana ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン メディア デザイン ケンキュウカ  
Romanization Keio gijuku daigaku daigakuin media dezain kenkyuka  
Date
Issued (from:yyyy) 2010  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
viii, 92 p.  
Source Title
Name  
Name (Translated)  
Volume  
Issue  
Year  
Month  
Start page  
End page  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
本研究では, 色覚異常者の色の視認性や識別性を高める色変更手法を搭載した日常携帯可能な色覚補助ツールを開発し, 公開することにより, 色覚異常者のQOL(Quality Of Life)の向上に寄与することを目的とする. 更に, 正常色覚者がさまざまな色覚タイプの人の色の見えを体験することができる色覚体験ツールを開発し, 公開することで, 人々の色覚異常への理解を促進し, 色覚異常者に優しい社会の構築のための一助となることを目指す.
色空間内に2色覚者の色射影面と平行な平面に挟まれる色ゾーンを設定し, その色ゾーン内の色を, その色が属する混同色線と離れた色にリアルタイムに変更することで, 1型と2型の色覚異常者が色の視認性や識別性を高めるために有効な色変更手法を実現した.
また, この色変更手法を携帯機器上に搭載し, 色空間上の一連の演算をGPU(Graphic Processing Unit)上で実行する実装上の工夫により, リアルタイムで動画像の色変更またはシミュレーションを行うことができる携帯可能な色覚補助ツールおよび色覚体験ツールを開発することができた.
色変更手法を搭載した色覚補助ツールは, 携帯性, リアルタイム性, インタラクティブ性を同時に兼ね備えることにより, 色覚異常者が日常生活の中のざまざまなシーンで活用して効果を得ることができる有用なツールとなった.
リアルタイムで色の視認性や識別性を高める色覚補助ツールと, リアルタイムで色覚シミュレーションが可能な色覚体験ツールを同時に公開することにより, 正常色覚者と色覚異常者の双方が互いの色覚について理解を深める機会を提供することができた.
これらの結果から, 提案した色変更手法, 色覚補助ツールおよび色覚体験ツールは, 色覚異常者のQOLを向上させる目的において, 一定の効果を与えることができることが示唆された.
 
Table of contents

 
Keyword
色覚異常  

色覚補助  

色変更  

シミュレーション  

携帯可能  

リアルタイム  
NDC
 
Note

 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Thesis or Dissertation  
Text version
 
Full text URI
 
Access conditions

 
Last modified date
Aug 22, 2011 10:14:18  
Creation date
Jul 27, 2011 09:00:00  
Registerd by
mediacenter
 
History
Aug 22, 2011    フリーキーワード, 抄録, キーワード を変更
Aug 22, 2011    フリーキーワード, キーワード を変更
Aug 22, 2011    フリーキーワード, キーワード を変更
 
Index
/ Public / (KMD)メディアデザイン研究科 / Doctors' thesis / Academic Year 2010
 
Related to