慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12002001-20080331-0035  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12002001-20080331-0035.pdf
Type :application/pdf Download
Size :474.4 KB
Last updated :Oct 24, 2011
Downloads : 1323

Total downloads since Oct 24, 2011 : 1323
 
タイトル
タイトル Sensibility in pigeons : do pigeons see "Beauty"?  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 渡辺, 茂  
カナ ワタナベ, シゲル  
ローマ字 Watanabe, Shigeru  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Centre for Advanced Research on Logic and Sensibility The Global Centers of Excellence Program, Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2008  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 CARLS series of advanced study of logic and sensibility  
翻訳  
1  
 
2007  
 
開始ページ 35  
終了ページ 45  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
We investigated whether pigeons could discriminate beauty in paintings in a way similar to humans. We classified children's paintings into good (beautiful) and bad (ugly) categories according to the evaluation of adults. We trained pigeons to discriminate these good and bad paintings using food rewards. When we tested them with new paintings, they could discriminate these novel good and bad paintings. Their discrimination was maintained in a test with paintings of reduced size, but decreased when black and white paintings were presented. The pigeons showed a decrement in discrimination depending on the degree of mosaic processing of the image. Thus, the pigeons used both color and pattern cues for their discrimination. Pigeons learned to discriminate watercolor from pastel paintings. These results show that the pigeons could learn a sensory category similar to the human category of beauty, and have a discriminative ability for complex visual stimuli such as paintings.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
Part 1: Brain and Evolution
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2011 09:00:00  
作成日
Oct 24, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 慶應義塾大学グローバルCOEプログラム論理と感性の先端的教育研究拠点 / CARLS series of advanced study of logic and sensibility / 1 (2007)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ロマン主義として... (281) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (277)
3位 新自由主義に抗す... (209)
4位 犯罪とわが国民性 (208)
5位 アセトアニリドの... (191)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本企業によるリ... (1106) 1st
2位 アセトアニリドの... (608)
3位 ジャニーズのアイ... (489)
4位 中和滴定と酸塩基... (409)
5位 ジヒドロアクリジ... (380)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース