慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26861016seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26861016seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :87.3 KB
Last updated :Jul 31, 2019
Downloads : 64

Total downloads since Jul 31, 2019 : 64
 
タイトル
タイトル 逐次近似画像再構成法を用いた2重エネルギーCTの被ばく低減と画質向上  
カナ チクジ キンジ ガゾウ サイコウセイホウ オ モチイタ 2ジュウ エネルギー CT ノ ヒバク テイゲン ト ガシツ コウジョウ  
ローマ字 Chikuji kinji gazo saikoseiho o mochiita 2ju enerugi CT no hibaku teigen to gashitsu kojo  
別タイトル
名前 Improvement of the image quality and radiation dose reduction in dual-energy CT using iterative reconstruction  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山田, 祥岳  
カナ ヤマダ, ヨシタケ  
ローマ字 Yamada, Yoshitake  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60383791  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
(1) 2重エネルギーCTという次世代のCTにおいて, 従来の画像再構成法であるFiltered back projection法と比較し, 新たな画像再構成法である逐次近似画像再構成法を用いることで画質が向上した。 (2) 従来のCTと比較し, 2重エネルギーCTの方が, CT値の精度を含めた, 定量的な画質が良好であった。 (3) 通常の単純CTでの冠動脈カルシウムスコアと, (2重エネルギーCTから作成される)仮想単純CT画像での冠動脈カルシウムスコアが, よく相関した。この結果から, 将来的に, カルシウムスコア用単純CTを省くことによる, CT被ばく低減と検査時間短縮の可能性が示唆された。
(1) Compared with conventional filtered back projection technique, iterative reconstruction improved the image quality of virtual monochromatic images derived from dual-energy CT data. (2) Virtual monochromatic images (at 70 keV) derived from dual-energy CT data had a higher quantitative image quality and more accurate CT values compared with conventional 120-kVp images. (3) Excellent correlation was observed between the coronary artery calcium (CAC) scores on the virtual unenhanced images (derived from dual-energy CT data) and conventional (true) noncontrast images. Thus, dual-energy coronary CT angiography could allow prediction of the true CAC scores, potentially reducing the total radiation exposure and image acquisition time by obviating the need for true noncontrast CAC scoring CT.
 
目次

 
キーワード
CT  

2重エネルギー  

dual energy  

computed tomography  

逐次近似  

iterative reconstruction  

被ばく  

radiation dose  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26861016
研究分野 : 放射線科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 31, 2019 15:46:53  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 31, 2019    著者,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース